Tag Archive: ベルリン条約

≪第158時間目≫セルビア共和国の歴史

今日はユーゴスラビアの中心国であったセルビアの歴史を見ていきましょう。
まきちゃんも、たけちよん(^^)も先生として授業をした、ヨーロッパの火薬庫と呼ばれたバルカン半島。
セルビアは、ローマ帝国やビザンツ帝国からの影響をうけながら、、11世紀には現在のセルビアとなるセルビア王国、そこからオスマン帝国支配、セルビア王国独立。世界大戦の後、ユーゴスラビアに発展、民族主義の波も押し寄せ、徐々に周辺国が独立。最後にモンテネグロが独立し、現在のセルビア共和国になりました。
●主な歴史
6世紀~7世紀 セルビア人等スラブ系民族がバルカン半島に定住。
11世紀 セルビア王国建国。
1389年 オスマン・トルコに敗北し,その支配下となる。
1878年 ベルリン条約によりセルビア王国の独立承認。
1918年 第一次世界大戦後,ユーゴスラビア王国建国。
1941年 第二次世界大戦中,ナチス・ドイツによる占領。
1945年 「ユーゴスラビア社会主義連邦共和国」の1共和国となる。
1992年 ユーゴ解体の中で,モンテネグロとともに「ユーゴスラビア連邦共和国」を建国。
1999年 コソボ紛争により,NATO空爆を受ける。コソボが国連の暫定行政下となる。
2003年 「セルビア・モンテネグロ」に国名変更。
2006年 モンテネグロの独立(6月)により,「セルビア共和国」となる。
2008年 コソボがセルビアからの独立を宣言(2月)。

●授業後~
まきちゃんがセルビアに行った話
●まきちゃん、どこの国経由したの!?(^з^)
●セルビア料理→やっぱりトルコ語に似た料理の名前があるんだよね。

2017-11-30 21.49.00s

 

チェバプチチを作ったよ

 

 

 

 

 

 

 

次回はたけちよ先生のウクライナの歴史です、こちらもお楽しみに~

Comments are closed

≪第035時間目≫ブルガリア共和国の歴史-後半-

ゲストの森先生によるブルガリアの授業です。

●主な授業内容
・オスマン帝国からの開放、サン・ステファノ条約とベルリン条約
・アレキサンダー・ネフスキー寺院
・第1次バルカン戦争勝利、第2次バルカン戦争敗北
・第1次世界大戦でドイツと共に敗戦、ベルサイユ体制
・汎スラブ主義vs汎ゲルマン主義
・言語分類地図と宗教地図
・第2次世界大戦、日独伊軍事同盟に参加
・8万人のユダヤ人を守った
・共産主義の時代
・ベルリンの壁崩壊と共に民主国家へ

●放課後の雑談
・まきとアッキーのマケドニアの話
・旅行者物価指数を世界49都市で比較
・エスカルゴの輸出
・LCCでヨーロッパ各地へ
・YesとNoの首の振り方

今回は壮大な授業のために前後半に分けました。前半をお聞きでない方は、ぜひ前半からお聞きください。。

Comments are closed