Tag Archive: フランス

≪第137時間目≫ラオス人民民主共和国の歴史

今回のラオスの歴史は、ラオス初めての統一国家 ラーンサーン王国とその当時の周辺の国々についてフォーカスしてみましたよ。
●授業内容
1-6世紀 メコン川流域で、クメール人国家ができます。

800年ごろ〜1430年ごろ
クメール人国家 アンコール朝

1350年ごろから ラーンサーン王国

この辺も、ヨーロッパのように取ったり取られたりの国同士の争奪戦は激しいです。
タイやベトナム、ミャンマーなど、色々と入り組みます。

1773年 ラーンサーン王国から三国時代へ
ヴィエンチャン王国、ルアンパバーン王国、チャンパーサック王国と別れていきます。

1887-1945 仏の侵攻によりインドシナ連邦に組み込まれる

1945 日本によりルアンパバーン王国の王がラオスの王として擁立される

ベトナム戦争の戦地となる。

最終的に1970年台に完全独立

ラオスやタイ辺りで、国を獲ると国宝級の仏像があっちこっちと移動する、、ということを今回のラオスの学習を通じて知ることができました。

みなさんが、ラオスへ出かける際に、基本の歴史として、サラッと参考にして頂けたら嬉しいですね😙
よろしくで~す(^з^)-☆

17916734_405415889834909_518418750_o

 

 

 

 

 

 

 

ブッダパーク

 

17916827_405417409834757_523853109_o

 

 

 

 

 

 

 

ビエンチャン

 

17916235_405419916501173_838529607_o

 

 

 

 

 

メコン川

 

Comments are closed

≪第126時間目≫ ベナン共和国の歴史

アフリカのどこか?の国、ベナン共和国の歴史です。
みんな初めて聞くことばかりだと思うよ。

ベナン南部の各王国について、アラダ王国、アボメー王国、ポルトノボ王国、サビ王国
フランスによる植民地化、ポルトノボ事件
1958年ダホメー共和国成立、その後 5回のクーデーター
1974年ベナン人民共和国、社会主義
1990年~ベナン共和国、民主主義の時代

授業後に、
ブードゥーの呪い、ゾンビ発症の地

Comments are closed

≪第123時間目≫ カナダの歴史

カナダといえば?

メープルシロップ、イケメン首相
面積が世界2位
カナダの語源とは?
意外と最近カナダの独立
ケベック州はどんな州?
イギリスから大量の移民がアメリカ、カナダへの移住

大谷くんが好きな氷河期
やっぱりたけちよ君はあの時代に強い

フランスと、イギリスの領有権争い
アメリカ独立の流れとともに。。
今日もチラ見していきましょうね~

Comments are closed

≪第117時間目≫ベルギー王国の歴史

今回はチョコレートとビールで有名なベルギー王国の授業です。

●授業内容
・いきなりおいしいフライドポテトの話
・ベルギーは言語が問題
・ケルト人がルーツ?
・ガリア戦記の舞台
・フランク王国の基礎はベルギーの地で作られた~カロリング朝
・843年ヴェルダン条約でフランク王国分裂、ベルギーは中部フランク王国
・封建時代フランドル伯領
・1297年フランスが併合
・100年戦争でフランスとイギリスが取り合う
・1384年ブルゴーニュ公国の支配下に
・1648年ウェストファリア条約で神聖ローマ帝国崩壊
・スペイン領南部ネーデルランドとよばれることになった
・フランスのルイ14世の孫に贈与される
・1713年ユトレヒト条約でスペイン継承戦争が終わりオーストリア領になる
・1789年フランス革命、ベルギーでも民衆蜂起
・1792年フランスが占領
・1815年ウィーン会議でオランダ領になる
・1830年フランスの七月革命の影響を受けて独立運動が起こり立憲君主国として独立を達成
・独立条件として国王を擁立する→ザクセンのレオポルト1世を国王に

●授業後に、
・ベルギービールウィークエンドのお話。
六本木ヒルズアリーナで9月16日~25日

 
次回は、おおたに先生の「デンマーク」の授業です、お楽しみに!

Comments are closed

≪第114時間目≫ オーストリア共和国の歴史

さてさて、ひっさしぶりの授業でした。
オーストリアの歴史は見所がたくさんありすぎて、絞りました。まだまだフューチャーしたい出来事がありま
したよ。

●授業内容
・神聖ローマ帝国
・イタリアをめぐってオーストリアとフランスの100年戦争
・ハプスブルグ家
・オスマン帝国によるウィーン包囲
・女帝マリアテレジアのオーストリア継承にケチをつけたプロイセン フリードリヒ
・フランスが味方についたきっかけ→フランスへ嫁ぐマリーアントワネット
・絶対王政の復活→ウィーン会議
・大ドイツ主義 小ドイツ主義
・ハンガリーオーストリア二重帝国
・第一次世界大戦

など、色々な国が色々な形で登場します。
オーストリアの歴史とともにヨーロッパの歴史も一緒にチラ見しましょう??

ザッハトルテやシュニッツェル食べたくなるかもー

次回はたけちよ先生のベネズエラです!どんな話が聞けるかな?お楽しみに?

Comments are closed

≪第112時間目≫ マダガスカル共和国の歴史

今回は農業男子“福井のきびだんご”による特別授業です。
マダガスカルについて話したいことがたくさんあったのに、歴史を熱く語ってしまい時間をめいっぱい使って しまいました。。。
歴史の他にも、自然・固有の植物・固有の動物・独特な文化・農業、どれをとっても魅力的な国です。

●授業内容
・マダガスカルの概要、世界第4の大きい島
・マダガスカル島は1億年前頃にインドから分離した孤島⇒世界最多の固有種
・最初の人類は紀元1世紀にインドネシアからアウトリガーでやって来た
・8~9世紀の住居跡があった
・9世紀頃アラブ人がやってきた
・東方見聞録にマダガスカル登場
・1643年フランスが要塞建設
・17世紀は王国乱立
・19世紀末、メリナ王国がマダガスカル統一
・1896年8月6日、フランス政府は正式にマダガスカルを植民地宣言
・1942年マダガスカルの戦い
・1959年憲法制定、大統領選挙
・1960年6月26日、マダガスカルは正式に独立を宣言

1 現代のアウトリガー_ムルンダヴァ

 

 

 

 

 

現代のアウトリガー

2 昼のバオバブ並木

 

 

 

 

 

 

 

昼のバオバブ並木

3_バオバブ並木の夕陽

 

 

バオバブ並木の夕陽

5 マダガスカルの農業_水稲栽培地域アンチラベ

 

 

 

 

 

マダガスカルの農業、水稲栽培地域アンチラベ

6 東南アジアのような棚田

 

 

 

 

 

 

 

東南アジアのような棚田

4首都アンタナナリヴ・女王の宮殿からの眺め

 

 

 

 

 

首都アンタナナリヴ・女王の宮殿からの眺め

Comments are closed

≪第091時間目≫バヌアツ共和国の歴史

今回は前回のソロモン諸島の隣、バヌアツ共和国の歴史です。ソロモ ン諸島と
はどこが同じで、どこが違うのでしょう?

●授業内容

・バヌアツの基礎知識
・氷河時代から~石器時代~ラピタ人がやってきた
・イギリス、フランスの共同統治
・独立後に繰り返す政権争い

●授業後に

・バヌアツはビーチリゾート
・バンジージャンプ発祥の地
・中学生の地図探し

次回は、たけちよ先生の「レバノン」の授業です。お楽しみに〜

Comments are closed

≪第082時間目≫コートジボワール共和国の歴史

今回は、コートジボワール共和国の歴史です。 多民族国家コートジボワールはどのような歴史で成り立ったのでしょうか。

<授業内容>
・コートジボワール基礎情報〜カカオ生産量世界一〜
・8~16世紀 サハラ交易
・15~18世紀 「象牙海岸」と呼ばれた奴隷貿易の時代
・19~20世紀初め 西欧列強によるアフリカ分割
・フランスからの独立。そして奇跡の経済成長を遂げた「西アフリカの優等生」
・2度の内戦を経て「イボワールの奇跡」を再び

 

次回は、まきちゃん先生のアルバニアの授業です。お楽しみに~!!

Comments are closed

≪第075時間目≫モーリシャス共和国の歴史

今回は、モーリシャス共和国の歴史です。
世界トップクラスのリゾート地として有名ですね。

<授業内容>
・基礎情報~首都、民族、言語など~
・15世紀までの歴史
・オランダによって、モーリシャスが植民地になる
・オランダからフランスの植民地へ~奴隷貿易地として栄える~
・フランスからイギリスの植民地になる
・モーリシャス共和国に移民が多い理由
・イギリスから独立&その後

次回は、たけちよ先生のカタールの授業です。
こちらもお楽しみに!!


BGMに「フリー音楽素材MusMus」を使用しています。

Comments are closed

≪第073時間目≫モロッコ王国の歴史

今回は、観光国としてよく知られている「モロッコ王国」の歴史です。
私自身、「モロッコ王国」は旅行に行きたい国の一つでもあります。
世界遺産のフェズ、マラケシュ。青い街といわれているシャウエンなど見どころもたくさんありそうです。

<授業内容>

・モロッコ王国の基礎知識
・イスラム王朝が建国されるまで
・イスラム王朝の時代
・大航海時代
・アラウィー朝とヨーロッパ列強国
・フランスとスペインが、モロッコを保護国に
・フランス、スペインからの独立
・西サハラ問題

次回は、バックパッカーの聖地といわれている「インド」の歴史です。担当は大谷先生です。
歴史もなかなかディープそうですね。次回もお楽しみに!

授業の中ではモロッコ料理と連呼していましたが、実際はチュニジア料理でした。西日暮里のその名も「クスクス」というおみせです。まあ、隣国だし昔は同じカルタゴだったので許してね。(おおたに)

IMG_9935IMG_9934

ソーセージが乗ったクスクスとスパイシーなスープです。スープをかけて食べたりするらしいです。

 

IMG_9933

キッシュのようなもの

 

IMG_9936

ピスタチオのムース

 

IMG_9932

ポテトサラダのような感じでした。

Comments are closed