Tag Archive: アメリカ

≪第154時間目≫グリーンランドの歴史

今回の授業はグリーンランドの歴史です。
今回もまきちゃん先生と大谷君2人でゆるーく話してます。

<授業内容>
・グリーンランドの基礎知識
・10世紀にヴァイキングがやってきた
・ヴァイキングの土地からノルウェー領に
・ノルウェー領からデンマーク領へ
・デンマーク領からグリーンランドの自治政府ができるまで

<授業後に>

チューレ事件について

 

次回は飛鳥先生がイラクの歴史を話します、お楽しみに~♪

 

 

 

 

 

 

Comments are closed

≪第140時間目≫コスタリカ共和国の歴史

今日の授業はコスタリカ共和国です。非武装中立国で「中米のスイス」と呼ばれているそうです。

●授業内容
・コスタリカ基礎情報~都市は高原地帯~
・階級社会の誕生と謎の石球
・スペイン植民地時代
・独立から近代国家の形成
・親米反共
・コントラとの決別
●授業後に
・コスタリカの豊かな自然

次回はまきちゃん先生の「ブルキナファソ」の授業です。お楽しみに~

Comments are closed

≪第139時間目≫アメリカ合衆国の歴史②

英語も日本語も完ぺきなダブルネイティブのかんな先生のアメリカの歴史の授業だよ。楽しんでね。
●授業内容
・実際にかんな先生がアメリカで受けた授業の様子を伝えます。
・Founding fathers建国の父の名前は言える
・Manifest destiny明白なる運命でGo west西部へ
・アメリカの地名はネイティブアメリカンの言葉からきている
ミシシッピー、ケンタッキー、セネカ(フォールズ)
・日本人のあまり知られてないけどアメリカ人はみんな知ってる人たち
ベッツィー・ロス、ローザ・パークス、ルイス&クラーク+サカジュリ ア、ハリエット・タブマン、
・Trail of tears涙の道⇒ネイティブアメリカン強制移動

●授業後に、
・もちろんアメリカに関する雑談です。

●映画「Night at the Museum」(ナイト ミュージアム)と「National Treasure」(ナショナル・トレジャー)はこの回を聴いた後に観たら面白いかなーって思いました。「ナイト ミュージアム」の方は、それこそアメリカ人なら誰もが知る歴史上人物の展示物などが夜博物館で喋ったり動き回ったりするというもので、ルイス、クラーク、サカジュリアなども出てきます。ナショナル・トレジャーはニコラス・ケージの映画で、独立宣言文書が悪の手に渡らないよう、逆に盗すもうという計画を立てる考古学者の話で、建国の父についても結構出てくるので面白いかと。 by かんな

 

●かんな先生のPodcast紹介
何と週2回更新してますよ!
あんさー・あんど・あんだーすたんど バイリンガルPodcast

C-txB7BUwAAfrvG

 

 

 

 

 

 

ローザ・パークスが乗っていたバス(実物)

C-tvYY8UAAA6_DV

 

 

 

 

 

 

リンカーンが暗殺されたフォード劇場

写真はそんない雑貨店の和田さん提供

Comments are closed

≪第123時間目≫ カナダの歴史

カナダといえば?

メープルシロップ、イケメン首相
面積が世界2位
カナダの語源とは?
意外と最近カナダの独立
ケベック州はどんな州?
イギリスから大量の移民がアメリカ、カナダへの移住

大谷くんが好きな氷河期
やっぱりたけちよ君はあの時代に強い

フランスと、イギリスの領有権争い
アメリカ独立の流れとともに。。
今日もチラ見していきましょうね~

Comments are closed

≪第066時間目≫ アラスカ州の歴史

今回は、アメリカ合衆国最北端にある「アラスカ州」についての歴史です。
そして、今回の授業から、なっ、なんと!聴講生としてたけちよさんが参加します。新メンバーも加わって、どんな授業になるのでしょうか。

<授業内容>
・聴講生たけちよさんの自己紹介
・アラスカの基礎知識
・先史時代
・ロシア帝国、アラスカを植民地化する
・スペイン&イギリスとアラスカ
・売却されたアラスカ~ロシア帝国からアメリカ合衆国へ~
・ゴールドラッシュ
・太平洋戦争
・アラスカ州への格上げ問題

次回は大谷先生の、「ガボン」の授業です。こちらもお楽しみに!

Comments are closed

≪第064時間目≫ フィリピン共和国の歴史

名前はよく効くけど行ったことない国フィリピンの授業です。

<授業内容>
・世界最古の成文法?
・チラッとマゼランの航海について
・フィリップ皇太子にちなんでフィリピン諸島と命名
・サラゴサ条約とトルデシリャス条約で世界をスペインとポルトガルで分割
・コンキスタドールって?
・ルソン助左ェ門から焼肉のたれへ
・フィリピン独立の英雄ホセ・リサール
・マルコス大統領とアキノ暗殺の話

<授業後に>
・今回は本当に世界の料理を食べに行くよ~

次回はまきちゃん先生のアラスカの授業です!お楽しみに~

Comments are closed

≪第051時間目≫ベトナム社会主義共和国の歴史

ベトナムの人々の団結力はすごいです。

<授業内容>
・中国の1千年の支配
・ベトナムの自治が守られていた時代
・元寇が攻めてくる
・フランスの支配
・日本の支配
・南北ベトナム
・アメリカの介入/ベトナム戦争
・独立

次回はどこの授業になるでしょうか!?お楽しみに~

Comments are closed

≪第045時間目≫ チェコ共和国歴史

今回の授業はチェコ共和国です!
ところで、約20年前までチェコは「チェコ・スロヴァキア共和国」と呼ばれていました。
なぜ「チェコ」と「スロヴァキア」は一緒の国になったのでしょうか?

<授業内容>
・チェコの基本情報(言語、チェコ出身の著名人など)
・チェコの祖先はどこからきたの?
・モラヴィア王国時代
・チェコ→プシェミスル家の支配
・カレル橋を作ったカレル4世について
・スロヴァキア→ハンガリー王国の支配下に
・ハプスブルク王家が、チェコ・スロヴァキアを支配
・マリア・テレジアとヨーゼフ2世による中央集権化
・チェコ人&スロヴァキア人ともに愛郷主義が芽生える
・アメリカに移住する人達
・第一次世界大戦とマサリク
・「チェコ・スロヴァキア共和国」誕生!
<授業後>
美味しいチェコビールについて

次回はあっきー先生の「キリバス」の授業です。
こちらもお楽しみに!次回こそお便り紹介ができるといいな~

 

Comments are closed

≪第043時間目≫ キプロス共和国の歴史-後半-

キプロス共和国の歴史

古代より、地中海に浮かぶ美しい島と言われあがめられたキプロス共和国。グリーンラインと呼ばれる境界線により南部であるキプロス共和国【ギリシャ系住民で構成】と、北部である北キプロストルコ共和国【トルコ系住民】に分断されています。
ちなみに、北キプロストルコ共和国を認めているのはトルコ共和国のみで、日本はこの国をトルコ軍実効支配地域としています。
●主な授業内容
・概要:キプロス共和国、キプロス島の南部に位置する。場所はトルコの下。イスラエル・レバノン・シリアが囲む地中海に浮かぶ島。面積は四国の半分くらい。首都はギリシャ語で、ニコシア。トルコ語でレフコーシャ。

・古くから文明のあった地域、新石器文明⇒エジプト⇒アレクサンドロス大王によりギリシャに併合⇒ローマに併合⇒ビサンティン帝国⇒アラブ帝国⇒十字軍侵略⇒ヴェネツィア⇒オスマン帝国⇒イギリス⇒1960年イギリスから独立⇒1983年に北キプロスが独立を宣言。南北に分断された状態が今日も続く。⇒2004年キプロス共和国がEUに加盟。
キプロスの独立に関して・・ギリシャ、トルコ、イギリス、アメリカ、ロシア(ソ連)などが絡む。
ギリシャ・・キプロスのギリシャ系住民をバックアップ。ギリシャ軍事政権下では、キプロスの、ギリシャ寄りのキプロス解放民族組織【EOKA】と共にキプロスのギリシャ併合を目指す。
トルコ・・キプロスのトルコ系住民を保護。キプロス北部に建国するにいたった北キプロストルコ共和国を強力にバックアップ。
イギリス・・ギリシャとの併合をめざすキプロスのEOKAの働きを受けて、トルコをけしかけ、ギリシャVSトルコの対立をあおる。当初は、地中海にある立地条件のよいキプロスの独立を認めません。しかし、当時の世情により、キプロスの独立を容認せざるを得なくなり、その後EOKAから離脱したキプロス大統領マカリオスをバックアップする立場へ。
アメリカ・・最初はギリシャ軍部&EOKAに加担。その後、次第にギリシャ軍部から手を引き、立場が強くなっていくトルコ寄りへ寝返る。北キプロストルコ共和国に関しては、トルコの動きを黙認。
ソ連・・反アメリカの立場から、EOKAから離脱したキプロス大統領マカリオスをバックアップ。戦車などをプレゼント。しかしこれらの戦車がギリシャ軍と組んだキプロスのEOKAに乱用され、ソ連激怒。
という・・以上の国々が絡む関係からも、独立後には、四国の半分ほどの面積に9つの軍隊が駐留していたと言われます。現在も複数の軍隊が駐留しています。
チラッと復習⇒第一次世界大戦後のオスマン帝国敗戦によるセーブル条約、ギリシャとトルコの戦争による希土戦争後のローザンヌ条約、第二次中東戦争など。
最近のキプロス・・近年南北の往来が緩和されましたが、南北統合には至らず。
今日の雑学
・北と南で歴史の教科書の内容が、異なる。
・オリンピック航空はジャクリーンオナシスもかかわる??
・トルコの首相エィジェビットはアメリカのキッシンジャーの教え子
・大谷先生が想像するクーデター事件をなぞらえた作品とは??
・キプロス共和国が特需を受けた当時の世情とは??
次回の授業は、大谷先生の授業です~。大国ですよ~お楽しみに♪♪

Comments are closed

≪第042時間目≫ キプロス共和国の歴史-前半-

キプロス共和国の歴史

古代より、地中海に浮かぶ美しい島と言われあがめられたキプロス共和国。グリーンラインと呼ばれる境界線により南部であるキプロス共和国【ギリシャ系住民で構成】と、北部である北キプロストルコ共和国【トルコ系住民】に分断されています。
ちなみに、北キプロストルコ共和国を認めているのはトルコ共和国のみで、日本はこの国をトルコ軍実効支配地域としています。
●主な授業内容
・概要:キプロス共和国、キプロス島の南部に位置する。場所はトルコの下。イスラエル・レバノン・シリアが囲む地中海に浮かぶ島。面積は四国の半分くらい。首都はギリシャ語で、ニコシア。トルコ語でレフコーシャ。

・古くから文明のあった地域、新石器文明⇒エジプト⇒アレクサンドロス大王によりギリシャに併合⇒ローマに併合⇒ビサンティン帝国⇒アラブ帝国⇒十字軍侵略⇒ヴェネツィア⇒オスマン帝国⇒イギリス⇒1960年イギリスから独立⇒1983年に北キプロスが独立を宣言。南北に分断された状態が今日も続く。⇒2004年キプロス共和国がEUに加盟。
キプロスの独立に関して・・ギリシャ、トルコ、イギリス、アメリカ、ロシア(ソ連)などが絡む。
ギリシャ・・キプロスのギリシャ系住民をバックアップ。ギリシャ軍事政権下では、キプロスの、ギリシャ寄りのキプロス解放民族組織【EOKA】と共にキプロスのギリシャ併合を目指す。
トルコ・・キプロスのトルコ系住民を保護。キプロス北部に建国するにいたった北キプロストルコ共和国を強力にバックアップ。
イギリス・・ギリシャとの併合をめざすキプロスのEOKAの働きを受けて、トルコをけしかけ、ギリシャVSトルコの対立をあおる。当初は、地中海にある立地条件のよいキプロスの独立を認めません。しかし、当時の世情により、キプロスの独立を容認せざるを得なくなり、その後EOKAから離脱したキプロス大統領マカリオスをバックアップする立場へ。
アメリカ・・最初はギリシャ軍部&EOKAに加担。その後、次第にギリシャ軍部から手を引き、立場が強くなっていくトルコ寄りへ寝返る。北キプロストルコ共和国に関しては、トルコの動きを黙認。
ソ連・・反アメリカの立場から、EOKAから離脱したキプロス大統領マカリオスをバックアップ。戦車などをプレゼント。しかしこれらの戦車がギリシャ軍と組んだキプロスのEOKAに乱用され、ソ連激怒。
という・・以上の国々が絡む関係からも、独立後には、四国の半分ほどの面積に9つの軍隊が駐留していたと言われます。現在も複数の軍隊が駐留しています。
チラッと復習⇒第一次世界大戦後のオスマン帝国敗戦によるセーブル条約、ギリシャとトルコの戦争による希土戦争後のローザンヌ条約、第二次中東戦争など。
最近のキプロス・・近年南北の往来が緩和されましたが、南北統合には至らず。
今日の雑学
・北と南で歴史の教科書の内容が、異なる。
・オリンピック航空はジャクリーンオナシスもかかわる??
・トルコの首相エィジェビットはアメリカのキッシンジャーの教え子
・大谷先生が想像するクーデター事件をなぞらえた作品とは??
・キプロス共和国が特需を受けた当時の世情とは??

Comments are closed