Tag Archive: オランダ

≪第151時間目≫ルクセンブルク大公国の歴史

ルクセンブルクの波乱万丈の歴史です、聴いてね~。

〈授業内容〉
・ルクセンブルクの由来
・ルクセンブルク伯爵領が婚姻で公爵領になり拡大
・神聖ローマ皇帝を輩出しハプスブルク家に
・オランダと同君連合
・単独のルクセンブルク大公国になる
・非武装永世中立国→NATOに加盟EUの中心

〈授業後に〉
・歴史のまとめ
・隣の国、ベルギービールウイークエンドに行くぞ!

次回はたけちよ先生がセントビンセント・グレナディーン諸島の歴史を話します、お楽しみに~♪

Comments are closed

≪第149時間目≫バリ島の歴史

ニューフェースのあすか先生によるバリ島の授業です。

〈はじめに〉
・あすか先生の自己紹介

〈授業内容〉
・国としてはインドネシアですが、バリ島の歴史を取り上げました。
・バリ島の基礎情報
・台湾からオーストロネシア語族がやってきたという説
・青銅器の時代、ドンソン文化で稲作が始まる
・10世紀、マルデワ王朝がバリ島に興る
・11世紀、クディリ王朝~シンガサ王朝~マジャパヒト王朝に次々に征服または統治される
・ゲルゲル王国としてマジャパヒト王朝に間接支配される
・イスラムがジャワ島にやってきて、ヒンドゥー王族がバリ島に逃れてくる
・16世紀インドネシアはイスラムのマタラム王国になる
・19世紀にオランダに植民地化される→クルンクン王国滅亡
・欧米に最後の楽園として紹介される
・1942年2月、日本軍がサヌール海岸に上陸→オランダ軍降伏
・1945年にスカルノがインドネシア共和国独立宣言をするがオランダ軍と戦闘になる
・1946年ングラ・ライ中佐の部隊が全滅しバリ島はオランダに統治される
・1950年バリ島も加わったインドネシア共和国が正式に誕生
・三浦襄の話
〈授業後に〉
・料理の話

次回はアッキー先生によるアフガニスタンの歴史です!お楽しみに~♪

Comments are closed

≪第134時間目≫オランダ王国の歴史

今回はじゃがいも好き“まりこ先生”による特別授業です。
歴史の他に移民問題や社会政策、じゃがいもの話もしています。
●授業内容
・オランダの概要
・オランダの寛容な政策
・5世紀からフリースランド人は既に貿易を行っていた
・11世紀は4つの政治勢力が!
・12世紀は水との戦い
・13世紀に風車がやってきた
・15世紀は様々な国の支配下に
・16世紀にカトリックから改革に!
・17世紀はオランダ黄金時代!東インド会社!
・19世紀はワーテルローの戦いと植民地問題
・20世紀はオランダ病での不況とワークシェアリング

※訂正:
年金ー65歳、66歳(2020年)67歳(2026年)から
じゃがいもー200品種

ジャガイモ

 

 

 

 

 

 

マーケットのジャガイモ専門店

 

教会

 

 

 

 

 

 
アムステルダムの住宅地の中にある隠れカトリック教会

 

ポテト

 

 

 

 

 

 
フリッツ(フライドポテト)ビーフシチューがけ

 

Comments are closed

≪第129時間目≫パプアニューギニア独立国の歴史

今回の授業は、「パプアニューギニア独立国の歴史」です。
何で島半分の右側だけなの?
<授業内容>
・氷河期にアジアから渡って来た人々
・~19世紀 オランダ、ドイツ、イギリスによる植民地分割
・1942年 日本軍侵攻
・1946年 オーストラリアの信託統治
・1973年 内政自治に移行
・1975年 信託統治より独立

次回は、おおたに先生の「スロバキアの歴史」です。こちらもお楽しみに!

Comments are closed

≪第117時間目≫ベルギー王国の歴史

今回はチョコレートとビールで有名なベルギー王国の授業です。

●授業内容
・いきなりおいしいフライドポテトの話
・ベルギーは言語が問題
・ケルト人がルーツ?
・ガリア戦記の舞台
・フランク王国の基礎はベルギーの地で作られた~カロリング朝
・843年ヴェルダン条約でフランク王国分裂、ベルギーは中部フランク王国
・封建時代フランドル伯領
・1297年フランスが併合
・100年戦争でフランスとイギリスが取り合う
・1384年ブルゴーニュ公国の支配下に
・1648年ウェストファリア条約で神聖ローマ帝国崩壊
・スペイン領南部ネーデルランドとよばれることになった
・フランスのルイ14世の孫に贈与される
・1713年ユトレヒト条約でスペイン継承戦争が終わりオーストリア領になる
・1789年フランス革命、ベルギーでも民衆蜂起
・1792年フランスが占領
・1815年ウィーン会議でオランダ領になる
・1830年フランスの七月革命の影響を受けて独立運動が起こり立憲君主国として独立を達成
・独立条件として国王を擁立する→ザクセンのレオポルト1世を国王に

●授業後に、
・ベルギービールウィークエンドのお話。
六本木ヒルズアリーナで9月16日~25日

 
次回は、おおたに先生の「デンマーク」の授業です、お楽しみに!

Comments are closed

≪第101時間目≫ エストニア共和国の歴史

今日の授業はバルト三国の最北、エストニア共和国です。我々が収録に使っているSkypeを生んだ国、エストニア。どんな歴史を辿ってきたんでしょう。

〈授業内容〉
・エストニア共和国基礎情報
・キリスト教がやってきた
・次々と変わる支配者とバルト・ドイツ人
・「民族」の覚醒
・支配からの独立
・暗黒のソ連時代
・独立を回復。IT先進国へ
・エストニアのこといろいろ
次回はお楽しみ、おおたに先生のイースター島の授業です!お楽しみに~。

Comments are closed

≪第075時間目≫モーリシャス共和国の歴史

今回は、モーリシャス共和国の歴史です。
世界トップクラスのリゾート地として有名ですね。

<授業内容>
・基礎情報~首都、民族、言語など~
・15世紀までの歴史
・オランダによって、モーリシャスが植民地になる
・オランダからフランスの植民地へ~奴隷貿易地として栄える~
・フランスからイギリスの植民地になる
・モーリシャス共和国に移民が多い理由
・イギリスから独立&その後

次回は、たけちよ先生のカタールの授業です。
こちらもお楽しみに!!


BGMに「フリー音楽素材MusMus」を使用しています。

Comments are closed

≪第021時間目≫インドネシア共和国の歴史

知っていそうで知らない「インドネシア」。
実は、世界最大のイスラム国家はインドネシアらしいのです!
中東ではなく、東南アジアに世界最大のイスラム国家があるなんて興味深いですね。

○主な授業内容

<インドネシア基礎情報>
・人口が多い!?
・世界最大のイスラム国家
<インドネシアの歴史>
①なぜインドネシアは、イスラム教徒が多いの?
・13世紀末にイスラム教が広まった!
・イスラム教が広まる前のジャワ島&スマトラ島
・イスラム国家が成立したのはなぜ?
②「インドネシア共和国」が建国されるまで
・16世紀、オランダがやってきた!
・オランダがジャワ島を植民地化に!
・ジャワ島の強制栽培制度によって、オランダ、財政難をきりぬける
・強制栽培制度→倫理政策へ
・民族独立を志す若者があらわれた
・日本軍、インドネシアに侵攻
・インドネシア独立宣言
・日本とインドネシアの関わり

ジャコウネコとマンデリンのコーヒー飲んでみたいですね。
次回は、大谷先生の「イエメン」の授業です!実は「イエメン」、中東のなかで最もリクエストが多かった国です!
大谷先生は「イエメン」の授業でどんな雑学を話してくださるのでしょうか?わくわく!次回もお楽しみに♪

 

Comments are closed

≪第015時間目≫マレーシアの歴史-後半

新人女教師!アキ先生による夏期講座第二弾はマレーシアの歴史です。

マレーシアは、歴史事情により、マレー人の他、チャイニーズ、インド人、その他の人種で構成されている多民族国家です。それぞれの人種が、互いになんだかんだ言いながらも、共存しています。宗教ごとの行事が多く、その全てを目の当たりにすると、カルチャーショックを受けるかも!!

何かで焦っていたりすると、ローカルの人たちが「OKラー」、「ネバマインラー」と声をかけてくれるので、「ま、いっか」と、悩みもいつの間にか消えてしまいます。

全体的にフレンドリーな皆さんなので、日本人にとって非常に住みやすい国です。そして、マレーシアで同じ生活を日本でしようと思ったら莫大な費用がかかってしまいます。マレーシア在住については、大谷先生からのお話も楽しみにしていてくださいネ。(アキ)

●主な授業内容
・イギリスがマラッカ獲得、スズは中国人、天然ゴムはインド人が従事、マレー人は排除
・日本が占領~シンガポール陥落
・1947年マラヤ連邦、マレー人優遇
・1963年マレーシア成立、ブミプトラ政策、ルックイースト政策、ワワサン2020政策
・7年連続日本人のロングステイ希望国No.1、MM2Hプログラム

●旅レポ第2弾のお知らせ
・2013年9月21日土曜日 名古屋で開催!

次回から2学期です、ひさびさのまきちゃん先生にイスラエルの歴史を授業してもらいます。
でも、パレスチナやシリアの授業で通常の歴史は紹介済なので、文化史、宗教などの違った観点での授業を研究中だそうです。
どんな授業かお楽しみに~。

Comments are closed

≪第014時間目≫マレーシアの歴史-前半

新人女教師!アキ先生による夏期講座第二弾はマレーシアの歴史です。

 

マレーシアは、歴史事情により、マレー人の他、チャイニーズ、インド人、その他の人種で構成されている多民族国家です。それぞれの人種が、互いになんだかんだ言いながらも、共存しています。宗教ごとの行事が多く、その全て目の当たりにすると、カルチャーショックを受けるかも!!

何かで焦っていたりすると、ローカルの人たちが「OKラー」、「ネバマインラー」と声をかけてくれるので、「ま、いっか」と、悩みもいつの間にか消えてしまいます。

全体的にフレンドリーな皆さんなので、日本人にとって非常に住みやすい国です。そして、マレーシアで同じ生活を日本でしようと思ったら莫大な費用がかかってしまいます。マレーシア在住については、大谷先生からのお話も楽しみにしていてくださいネ。(アキ)

 

●主な授業内容

・多民族国家、それぞれの宗教の休日があるよ、シンガポール問題

・イスラム教が国教、結婚したらイスラム教に改宗?
・マレー半島南部とボルネオ島の北部、連邦立憲君主制、日本の90%の面積に、日本の16%の人口が住んでいる
・マレー人は役人、中国系はビジネス、インド系は医者弁護士のすみわけ ・マレー系の歯医者で親知らずを抜いた!
・マラッカ王国(隠れた逃亡者)、ババ・ニュニャ?、ユーラシアン?、プラナカン?
・鉄砲とフランシスコ・ザビエルはマラッカから日本にやって来た
・ポルトガルの侵略⇒オランダの侵略⇒イギリス

今回は内容盛りだくさんなので前半と後半に分けました。 次回の後半もお楽しみに~。

Comments are closed