≪第190時間目≫ミャンマー連邦共和国の歴史

今日の授業はアッキー先生によるミャンマーの歴史です。
お楽しみください。

〈歴史年表授業内容〉
6・7世紀ごろ モン族がミャンマー南部に定住。
8世紀ごろ エーヤワディ川中流にピュー族の王朝が起こる。ビルマ族がチベット、雲南方面から南下。ミャンマー南部に定住する。
9世紀 ピュー王朝が衰退し、ビルマ族の勢力が拡大していく。9世紀中ごろ、ビルマ族がバガン王朝を建設。
1287年 蒙古の大軍の攻撃で、バガン王朝はほぼ壊滅。群雄割拠時代に突入。
15世紀  シャン系民族に追われたミャンマー族はタウングーに逃れ、タウングー王朝を築く。
16世紀 モン族を攻略したタウングー王朝は、チェンマイに攻めいり、1564年と1569年にアユタヤを攻略。74年にはビエンチャンを征服。しかし支配力は弱く、やがてまた小国が多数出現する。
1755年 アラウンパヤーが指揮するミャンマー軍は、ミャンマーのほぼ全土を掌握。コンバウン王朝を立て、ダゴンを占拠してヤンゴンと改称。
19世紀  コンバウン王朝とイギリスの紛争が始まる。3回戦争し負けてイギリス植民地時代の開始。
1941年 日本軍の侵攻が開始される。アウンサン率いる独立義勇軍が日本軍とともに侵攻。
1943年 日本の大東亜共栄圏の一員として独立。
1944年 抗日運動開始、45年には再びイギリス領に。
1947年 アウンサン暗殺。
1948年 ビルマ連邦として独立、ウー・ヌが初代首相になるも、少数民族や共産党の反乱で内戦に。
1962年 ネ・ウィン将軍のクーデターが成功し、社会主義政策が始まる。
1988年 8888民主化デモがゼネストに発展し騒乱状態に。国家法秩序回復評議会(SLORC)が全権掌握。
1990年 総選挙実施。アウンサンスーチー率いる国民民主連盟(NLD)が圧勝、本人の自宅軟禁続く。
2010年 アウンサンスーチー、度重なる自宅軟禁から開放される。
2011年 テイン・セイン大統領率いる新政権が発足し、民政移管が実現。国名も「ミャンマー連邦共和国」に変更。

〈放課後〉
・久々にお便り紹介

次回はおおたに先生のモナコの歴史です。お楽しみに

Comments are closed

Comments are closed.