≪第175時間目≫アルメニア共和国の歴史

今日は飛鳥先生によるアルメニアの授業!あまり知られていないけど、学べば学ほど面白い歴史がある国でした!世界で初めてキリスト教を国教に定めた国です。

あれもこれも話したかったですが、古代史に焦点を当てることにしました。
ギリシア、ローマ、ペルシア、パルティアなどの列強に囲まれたアルメニアは、これらの国々の情勢に巻き込まれていきます。

中世はイスラム教支配下に置かれますが、今回はほとんど省略しています。
近代はペルシア(サファヴィー朝)、ロシア(ロマノフ朝)、オスマン帝国の争いに巻き込まれますが、ロシアに焦点を置いています。

授業の終わりには古代史の確認テストがあります!アルメニアの歴史の興味深さを少しでも、拙いながらお伝え出来たらいいなと思います。

次回はおおたに先生の「パラグアイ共和国」です!こちらの授業もお楽しみに!

Comments are closed

Comments are closed.