≪第168時間目≫スーダン共和国の歴史

エジプトの隣の国、スーダンの歴史です。

内容は
紀元前2200年ころ クシュ王国 →エジプトに滅亡される
紀元前747年 – 紀元前656年)ナパタのピイ王はエジプトを征服し、エジプト第25王朝を建国した。
5世紀頃 この地域はキリスト教を受容する
1505年にはイスラムのスルターン国ができる
1821年オスマン下のエジプトの支配下に

1840イギリスの統治下に
1881~1898マフディの乱
1899~イギリスの植民地になる
1956年スーダン共和国独立 その後クーデターの繰り返し +内戦の時代
1989年軍事クーデタによりオマル・バシール軍事政権成立

1955~72年の第一次内戦
1983~2004年の第2次内戦、1989~イスラム原理主義が台頭、南部の非イスラーム勢力が分離独立を主張して始まった
2011年7月9日に、アメリカ合衆国からの後押しもあり、スーダンから分離独立

次回はたけちよ先生のパナマの歴史です、お楽しみに~

Comments are closed

Comments are closed.