≪第146時間目≫スウェーデン王国の歴史

ミートボールにジャムをつけて食べる。
そんなスウェーデン王国の歴史を勉強しましょう。

〈授業内容〉
・紀元前の遺跡ターヌムの岩絵群は世界遺産
・ヴァイキングの時代、絵画石碑、ルーン石碑
・子孫は北欧のほかイギリス、フランス、イタリア、ロシアに拡散
・カルマル同盟でデンマークに支配される
・1523年 グスタフ1世(グスタフ・ヴァーサ)即位。デンマークより独立
・1630~1648年 グスタフ2世アドルフ、30年戦争に介入。ウェストファリア条約で大国としての地位確保
・1792年 グスタフ3世暗殺
・1814年 ナポレオン戦争以降非同盟・中立政策
・1818年 フランスから迎えられたカール14世ヨハンが国王に即位(現在のベルナドッテ王家始まる)

〈授業後に〉
・料理の話
・少子化対策の話

〈お便りコーナー〉
次回はまきちゃん先生によるソマリアです!お楽しみに~♪

BGMに「フリー音楽素材MusMus」を使用しています。

Comments are closed

Comments are closed.