≪第063時間目≫ カザフスタン共和国の歴史

今まで聞いたことない民族の名前が続々登場します♪ 楽しく学習しましょ~!
イラン⇒チュルク系、モンゴル系の遊牧民族が入れ替わり立ち替わり、カザフの地を支配します。
縛られるのが嫌いなカザフの遊牧民。ソ連時代の定住はかなりきつかったようです。
カザフ、ウズベクという名前の由来は??など、
今回もモリモリでお届けします。^^

国名:カザフスタン共和国
面積:日本のざっと7.3倍。人口は、約2000万人
首都:アスタナ 最大の首都はアルマトイ:137万人
民族構成:カザフ人、ロシア、ウクライナ、ウズベク、ウクライナ、タタール人、ウイグル人、ヴォルガドイツ人⇔ヴォルガドイツ人って!?
公用語:カザフ語、ロシア語 国民の95%がロシア語を話せる。カザフ語は、65%位。
宗教:イスラム70%、キリスト教26%、その他
カザフ、ウズベク⇒名前の由来は??

カザフスタンの歴史
紀元前8~3世紀 イラン系⇒匈奴⇒チュルク系⇒モンゴル系⇒チュルク系⇒モンゴル系⇒チュルク系⇒モンゴル帝国⇒ジュズ⇒ロシア革命⇒キルギス自治ソビエト社会主義共和国⇒カザフ自治ソビエト社会主義共和国⇒独立

次回は大谷先生のフィリピンです。こちらもお楽しみに!!

Comments are closed

Comments are closed.