Category Archive:第030時間目~第039時間目

≪第039時間目≫ホームルーム~期末テスト成績発表

世界のどこかにある学校では、期末テストの結果が出ました!成績トップは誰かな?

<>

●期末テストの正解発表&粗品抽選会
ビリは大谷でした、油断した~

当選された方は番組まで送付先をご連絡ください。

Comments are closed

≪第038時間目≫セネガル共和国の歴史-後半-

セネガルの歴史
<セネガルの基本情報>
・セネガルはアフリカ大陸の最西端
・セネガル共和国は日本の半分くらいの面積に、人口は1/10ほど
・言語は公用語がフランス語で、話されているのはウォロフ語
・人口の95%がイスラム教徒

<セネガルの歴史>
・旧石器・新石器時代から遺跡が残っている
・様々な王国の興亡が9世紀頃から起こる
・11世紀初めにはイスラム教の伝来
・1444年、ヨーロッパ人(ポルトガル)が到達
・16世紀から奴隷貿易の拠点となる
・17世紀にはオランダ、イギリス、フランスも侵入
・1659年、北部のサン・ルイにフランスが商館を建設
これ以降、サン・ルイが首都として機能する
・1677年、ダカール近くのゴレ島をフランスがオランダから奪取
この頃からフランスが支配していく
・19世紀半ばまでフランス人と現地人の協力と混合も進み、
増えた混血者が市民権を求めていく
・1848年、奴隷制廃止
・1854年、軍人ルイ・フェデルブが商館長である「総督」に就任
内陸部を武力で平定し、植民地支配の下地を作る
・1895年、「フランス領西アフリカ」確立
・1902年、ダカールが首都に
・セネガル歩兵が二度の大戦に駆り出される
・1914年、初めて黒人のブレーズ・ジャーニュがフランス国会へ
・1928年、レオポルド・セダール・サンゴールがパリに留学
彼は「ネグリチュード」という思想運動を産み、
そのうねりがアフリカ諸国の独立と結びついていく
・1960年8月20日、マリ連邦から分離する形で、セネガル独立

<セネガルのこぼれ話>
・奴隷貿易の口実にされた、王国の奴隷制とは?
・セネガルで独自の発展を遂げたイスラム教のムリッド教団
・記憶に新しいモーリタニアとの紛争の展開
・セネガル料理はアフリカでも最高水準
姉妹番組「行け!世界遺産と雑学の旅★」もどうぞ宜しくお願いしますm(–)mユッスー拝

Comments are closed

≪第037時間目≫セネガル共和国の歴史-前半-

セネガルの歴史
<セネガルの基本情報>
・セネガルはアフリカ大陸の最西端
・セネガル共和国は日本の半分くらいの面積に、人口は1/10ほど
・言語は公用語がフランス語で、話されているのはウォロフ語
・人口の95%がイスラム教徒

<セネガルの歴史>
・旧石器・新石器時代から遺跡が残っている
・様々な王国の興亡が9世紀頃から起こる
・11世紀初めにはイスラム教の伝来
・1444年、ヨーロッパ人(ポルトガル)が到達
・16世紀から奴隷貿易の拠点となる
・17世紀にはオランダ、イギリス、フランスも侵入
・1659年、北部のサン・ルイにフランスが商館を建設
これ以降、サン・ルイが首都として機能する
・1677年、ダカール近くのゴレ島をフランスがオランダから奪取
この頃からフランスが支配していく
・19世紀半ばまでフランス人と現地人の協力と混合も進み、
増えた混血者が市民権を求めていく
・1848年、奴隷制廃止
・1854年、軍人ルイ・フェデルブが商館長である「総督」に就任
内陸部を武力で平定し、植民地支配の下地を作る
・1895年、「フランス領西アフリカ」確立
・1902年、ダカールが首都に
・セネガル歩兵が二度の大戦に駆り出される
・1914年、初めて黒人のブレーズ・ジャーニュがフランス国会へ
・1928年、レオポルド・セダール・サンゴールがパリに留学
彼は「ネグリチュード」という思想運動を産み、
そのうねりがアフリカ諸国の独立と結びついていく
・1960年8月20日、マリ連邦から分離する形で、セネガル独立

<セネガルのこぼれ話>
・奴隷貿易の口実にされた、王国の奴隷制とは?
・セネガルで独自の発展を遂げたイスラム教のムリッド教団
・記憶に新しいモーリタニアとの紛争の展開
・セネガル料理はアフリカでも最高水準
姉妹番組「行け!世界遺産と雑学の旅★」もどうぞ宜しくお願いしますm(–)mユッスー拝

Comments are closed

≪第036時間目≫ガンビア共和国の歴史

4月1日は何の日でしょう?そうです、エイプリーフールです!
旅々プロジェクトでも、今年、エイプリーフール企画やります!
※エイプリーフール企画とは?・・・旅々プロジェクトに属している番組のキャスターが、他の旅々プロジェクトの番組にゲスト出演すること。
というわけで、今回は「行け!世界遺産と雑学の旅☆」からゆっすーさんが出演してくださりました。
ガンビア共和国の歴史では、生徒役として。セネガル共和国では、特別講師として出演してくださりました。
<ガンビアの歴史の前に・・>
・ガンビアはどーこだ
・宗教や言語など
・セネガルとの関わり
<ガンビアの歴史>
・10~13世紀はガーナ王国に属する~交易で栄える~
・13~15世紀はマリ帝国に属する
マンサ・ムーサのメッカ巡礼
・15世紀にポルトガルがやってきた!
・16~17世紀にイギリスとフランスもアフリカ進出し始める
・19世紀にイギリスの保護国に
・世界遺産「クレタ・キンテ島」について
・1970年にイギリスから独立、共和制に
<授業後の雑談>
・セカチラメンバーでベラルーシ料理店いきました!
・メール紹介~仕事と海外長期旅行の両立について~

実は、ガンビアとセネガルは隣国なので、両方の歴史をきけば、理解度がより深まると思います。ぜひ両方きいてみてください。

Comments are closed

≪第035時間目≫ブルガリア共和国の歴史-後半-

ゲストの森先生によるブルガリアの授業です。

●主な授業内容
・オスマン帝国からの開放、サン・ステファノ条約とベルリン条約
・アレキサンダー・ネフスキー寺院
・第1次バルカン戦争勝利、第2次バルカン戦争敗北
・第1次世界大戦でドイツと共に敗戦、ベルサイユ体制
・汎スラブ主義vs汎ゲルマン主義
・言語分類地図と宗教地図
・第2次世界大戦、日独伊軍事同盟に参加
・8万人のユダヤ人を守った
・共産主義の時代
・ベルリンの壁崩壊と共に民主国家へ

●放課後の雑談
・まきとアッキーのマケドニアの話
・旅行者物価指数を世界49都市で比較
・エスカルゴの輸出
・LCCでヨーロッパ各地へ
・YesとNoの首の振り方

今回は壮大な授業のために前後半に分けました。前半をお聞きでない方は、ぜひ前半からお聞きください。。

Comments are closed

≪第034時間目≫ブルガリア共和国の歴史-前半-

ゲストの森先生によるブルガリアの授業です。

●主な授業内容
・概要:正式名称はブルガリア共和国、場所は黒海の西、アジアとヨーロッパの交差点です。
・最初に住んでいたのはトラキア人、そこへスラブ人、ブルガール人がやってきた
・最初の国家統一は681年
・東方正教会とカトリックの違い、三位一体論の解釈
・キリル文字はブルガリア発祥
・マケドニアには強い思いがあります。
・世界遺産、リラの僧院
・第1次ブルガリア帝国
・ビザンチン帝国支配時代
・第2次ブルガリア帝国
・オスマン帝国支配時代、デウシルメ(オスマンの徴兵)
・第1次露土戦争、キュチュク・カイナルジャ条約

今回は壮大な授業のために前後半に分けました。次回の授業は、後半をお聞きください。

Comments are closed

≪第033時間目≫リベリア共和国の歴史

初の西アフリカ地域です!
数々のアフリカの国がヨーロッパの植民地になる中で、リベリアは、ヨーロッパ諸国の植民地になることなく、独立を維持できた数少ない国の一つなのです。その理由は、ぜひ授業をきいてみてください^^

<リベリアの歴史の前に・・・>
・リベリアはどーこだ
・リベリアの国旗とアメリカの国旗はにている?
<リベリアの歴史>
・1822年、アメリカ植民教会がアフリカ奴隷を入植させたのがはじまり
・そのころのアメリカは?~奴隷解放運動と三角貿易~
・アメリカ植民教会とは?
・入植者たちと先住民の関係
・1847年、リベリア独立宣言
・リベリアとアメリカの関係
・リベリア内戦
・リベリアって特殊な国?
・リベリア内戦(少年兵)に関する映画「ジョニー・マッド・ドッグ」
・リベリアは日本よりもお米の消費量が多い!
<メールの紹介>
・みなさんからのメールお待ちしております!

次回は、春休み特別講師による「ブルガリア」の授業です!
こちらの授業もお楽しみに♪

Comments are closed

≪第032時間目≫~お便り紹介&期末テスト出題~

授業が始まってもうすぐ1年になりますが、本年度の締めくくりに期末テストでお楽しみください~。

・期末テスト問題出題
全20問、1問5点、100点満点
出題範囲:トルコ、マレーシア、イスラエル、タイ、エルサルバドル、ベラルーシ、インドネシア、イエメン、フィンランド、ルワンダ

・お便り紹介
3人の心に残った食べ物等

期末テストの出題者はまき先生、アッキー先生、おおたに先生の3人。3人が出題しながらヒントも出してます。問題も楽しんで聴いてね。
2013年度期末テストの問題はこちらをご覧ください。

期末テスト問題(PDF形式)

3月7日までに期末テストに回答をお寄せくださった方のなかから、最高得点の方1名(該当者複数の場合は抽選)と、全応募者の中から抽選で1名の方に番組から粗品を送らさせていただきます。ぜひぜひ期末テスト解いてみてください!
IMG_8149s

Comments are closed

≪第031時間目≫トリニダード・トバゴ共和国の歴史

初めてのカリブ海の国です。

●主な授業内容
・概要:正式名称はトリニダード・トバゴ共和国、場所は南アフリカ大陸の右上の二つの島
・国名はスペイン語+英語?、現在の公用語は英語
・コロンブスが3回目の航海で発見
・初めはスペインが占領、その後イギリス領に
・三角貿易の中継点、カリブの海賊
・奴隷解放後にインド人を連れてきたのでインド系が4割アフリカ系が4割

●今日の雑学
・アスファルトの湖、ピッチ湖
・世界3大カーニバル、スチールパン、リンボーダンス

次回の授業は、まきちゃん先生が西アフリカシリーズ第1弾リベリアの歴史をゆるーくお届けします。
お楽しみに~

Comments are closed

≪第030時間目≫ニウエの歴史

記念すべき第30時間目の国は・・・ニウエ!
みなさん、ニウエはご存じですか?私はこの国の授業をするまでニウエを知りませんでした(^^;)
実はニウエは日本と国交を結んでいない国ですが、その理由がいくつかあります。
気になる人はぜひこの授業の回をきいてみてください♪
<ニウエの基礎情報>
・ニウエの面積や首都など
・日本がニウエを国交を結んでいない理由
・ニウエと台湾は似ている?
・ニウエの気候&サンゴ礁の島
・日本とニウエの時差は20時間
・農業が主な産業だが・・・
・ニウエの主な外貨獲得手段①「移民からの送金」
・観光業は盛んじゃないの?
<ニウエの歴史>
・人類はニウエにいつ到達したのか?
・1774年、イギリスのクック船長がニウエを訪れる!
・1800年代、宣教師が布教しにやってくる
・1900年、ニウエはイギリスの保護領に
・1901年、ニウエ,ニュージーランドの管轄に
・1974年、内政自治権獲得
<授業後の雑談>
・ニウエの有名な食べ物って?
・ニウエの主な外貨獲得手段②「ドメイン」
・寿司職人の求人広告でてます!
http://www.sushijob.com/info.php?type=job&id=J0000249
・ニウエの主な外貨獲得手段③「切手&コイン」
・治安がいい国です!

ニウエの外貨獲得手段が、他国と比べて珍しくて、調べていて興味深かったです!
次回は大谷先生の「トリニダード・トバゴ」の授業です。そもそも「トリニダード・トバゴ」ってどこだ??
次回もお楽しみに♪

Comments are closed