第122回【ナミビア / ウィントフック】灼熱のアフリカを縦断した熟練ブロガー 前編

《ミツル放送回》

前回は、現地に在住している相原さんにナミビアについての詳しいお話を訊きましたが、
今回は首都ウィントフックで出会った(再会した)、
旅人のネット界では有名な旅人ブロガー・大樹さんに、
ナミビアの旅の話についてとこれまでの大樹さんの旅について訊いてきました

ここナミビアでは他のアフリカ諸国ではあまり出来ない車の旅をしてきたという大樹さん
レンタカーを借りる時の細かな注意点や、南北に広がるナミビアの観光ポイントについて、
情報系ブロガーらしく沢山のお話を訊かせてもらいました


1,2

1,1

大樹さんがエトーシャ国立公園で見たキリンとインパラ。壮大な高原の中にポツンと佇むキリンはとても画になります。インパラは肉食動物から逃れるためにそっと近づかないと逃げてしまうようです。やっぱり、アフリカに来たならば一度はサファリを体験したみたいものですね。




テントを持参して10日間すべてキャンプ泊してきたという大樹さん
どうしてわざわざそんな過酷なことを…?と思ってしまいますが、
宿の値段とバックパッカーの懐状況を考えてみると、
確かに自分でもキャンプ泊を選んでしまうと思います

持ち物もテントと寝袋とマットレス、あとは蚊取り線香やライトetcなどがあると
かなり便利にアウトドアでの宿泊ができるそうです


1,3

1.4

1,5

ヒンバ族(ヘレロ族)の村で子どもをかわいがる大樹さんとお土産売りのヒンバ族の女性たち。確かにこの服装の人たちが町中にいたら相当驚きますね。しかし、彼女たちが住む村に行くとなぜか自然に見えてしまうから不思議なものです。髪型も他では見たことない装飾になっています。




上半身があらわになっているのが伝統の服装というヒンバ族の女性たち
意外にも、実際に見た感想は自分たちが想像するような卑猥な印象はないそうです

赤土とバターと混ぜた土を身体に塗ることで、
太陽の光から身をまもり蚊を寄せ付けない効果があるそうです



(iTunesからお聴きになる方は、こちらからどうぞ)


<さくいん>
・02″35″~ daiki55.com でおなじみの旅人ブロガー
・03″07″~ 男4人のナミビアレンタカーの旅
・04″39″~ ケープタウンで免許証の翻訳が可能
・07″57″~ レンタカーのお得なレンタル方法と注意点
・11″48″~ 10日間すべてキャンプ泊して過ごした
・14″12″~ ナイロビでテントが安く買える
・15″52″~ サファリで有名なエトーシャ国立公園
・18″52″~ 少数民族ヒンバ族で有名なオプウォ
・21″07″~ ヒンバ族の衝撃的なルックス
・22″18″~ ヒンバ族の村に行く方法
・26″39″~ 僻地で起こってしまった一大事件とは…


【次週予告】

9月15日12時配信予定。次回(ミツル放送回)も、ナミビアのウィントフックで出会った旅人・大樹さんへのインタビューの続きです。どうぞお楽しみに!