世界で学ぼう!

この番組は、計5カ国の留学を経験した2人が様々な国から留学経験のあるゲストをお招きしてお届けする、留学リアルインタビューPodcast番組です。

Blog

キリマンジャロ登山 1日目

投稿日:2016年10月19日 更新日:

朝起きると絵に描いたような青空と心地よい風が吹いていた。
いつものレストランに朝食を食べに行く。ここはその辺にいたガイドに(モシ市内ではそこら中にツアーガイドがいる)ローカル料理が食べたいと言って教えてもらったレストラン。英語は通じないがフレンドリーでローカル感が素晴らしい。

img_4634

セレンゲティ。アフリカにはたくさんのビールがある。

img_0235

BBQ。僕が知っているBBQとは違う。牛、豚、インパラの肉がある。インパラがあるのがアフリカらしい。

img_4642

スワヒリ語しか通じないのでジェスチャーで会話をしていたらなんだか初めてバックパッカーをした時の気持ちを思い出して初々しい気持ちになった。夜は街灯がないので真っ暗になってしまうが治安が良く、のんびりした空気が流れているこの街が好きだ。

犬も歩けば棒に当たるじゃないが歩けばガイドに当たるこの街だが、必ずツアー勧誘かお土産屋に連れて行こうとする。お土産屋によって扱っている商品が異なり、ウガンダでお邪魔した日本人宅にあった動物のブックスタンドを探していたのだが1店にしかなく、お土産を探しているときはガイドに案内してもらうの良い。ガイドもお土産屋を紹介するとバックがあるらしく、どのガイドと行くかによってお土産の値引き額が異なる。ちなみにATMはそこら中にあるのでお金の心配はいらない。USDが必要なのはビザ、市内までのタクシー、ツアー代金くらいで他はタンザニアシリングで問題ない。ただUSDの価値が高いのは途上国共通なのでUSDを持って行ったほうが両替のレートなど得することが多い。

スポンサーリンク

ホテルに戻りガイドを待つ。相変わらず時間通りに来ないのがアフリカらしいが20分遅れでピックアップされる。

聞いていた話だとイギリス人2人と同じグループになるとのことだったが、イギリス人は飛行機が飛ばず来れなくなったので登山客は自分一人で登ることになった。元々山登りは自分のペースで登りたいので良いような、チップ代を折半できなくて悲しいような・・・。

途中でガスボンベや必要なものを調達しながら登山口(1790m)まで向かう。大体1時間半程度。
農村の中をハイエースで登って行く。

img_6914

入り口に着くとランチを食べて待つように言われる。その間、ガイドたちは荷物チェックや入山登録を行う。荷物チェック前には大勢のガイド達が並んでいた。

img_6916

ランチボックス。

img_6918

休憩室。特に欧米からの登山客がたくさんいる。アジア人の姿は見なかった。

img_6921

野生の猿。登山客のランチを狙っていた。

ご飯を食べ終わりストレッチをしたりトイレに行ったりしていると準備ができたとガイドが呼びに来た。

img_4644

ゲート。これから6日間の挑戦が始まる。無事に登頂できるだろうか。
死ぬ人もいるみたいだしそもそも生きて帰れるかなど心配は尽きない。
それでも待ち望んだアフリカ最高峰への挑戦に胸の高鳴りを抑えられなかった。

img_6937

しばらくは緩やかな道を歩く。ポレポレを意識し続けた。

img_6944

4時間ほどでキャンプ地(3010m)に。正直もう終わり?というくらい。ハイキングという感じだった。
ポーター達がテントを作ってくれる。ちなみに登山客のテントが一番大きい。ポーター達はそれより小さいテントに3人で寝るから大変だ。場所取りも重要な要素になる。いかに平地な場所を取れるかはポーター達による。

img_6965

登山隊と初の顔合わせ。なぜ今頃初の顔合わせになるかというと登山口近くはガイドが多すぎて誰が自分の隊なのかわからない上に、ポーターやコックはさっさと登って行ってしまうのでキャンプ地くらいしか会う時がないのだ。自分と常に一緒にいるのはガイド1人だけ。

左がコックで後の5人はポーター。ガイドは写ってないが僕1人に7人のガイドたちがつく。この人たちのチップを一人で払うと考えると焦ったし、何より7人の6日分の給料を20代前半の僕が払えてしまうというのは先進国と途上国の経済格差をひしひしと感じた。

img_6957

夜ご飯はこんな感じ。味は悪くない。コックが作って持って来てくれる。
疲れもなく、まだまだ余裕を感じられた。続きます。

スポンサーリンク

次ページ→(キリマンジャロ登山 2日目)

ー目次ー

キリマンジャロ登山の基点の街「モシ」へのアクセス

オススメ現地ツアー会社

登山ルート選びと高山病対策

気をつけてほしいこと(ツアー会社選び、チップ代、持ち物など)

いざ登山開始!〜6日間の体験記〜
1日目
2日目
3日目
4日目
5日目
6日目と登り終えた感想

-Blog

執筆者:

関連記事

旅しながら稼ぐ、ストックフォト5選!(5)

Shutterstock www.shutterstock.com  49 Tweets 205 Shares 167 Users 267 Pockets写真素材 イラスト ベクター画像なら …

旅しながら稼ぐ、ストックフォト5選!(4)

photolibrary 写真素材 フォトライブラリー  8 Tweets 348 Shares 1296 Users 165 Pockets写真素材 – フォトライブラリーhttps:// …

旅しながら稼ぐ、ストックフォト5選!(3)

3、Fotolia 次にオススメするのはAdobeのストックフォトサービス、Fotoliaです。 Adobe Stock  2 Tweets 784 Shares 492 Users 287 …

旅しながら稼ぐ、ストックフォト5選!(2)

2、PIXTA 次にオススメするのはストックフォトをやっている人で知らない人はいないであろう日本発祥のストックフォトサービス、写真素材【PIXTA】です。 1枚あたりの報酬:118円~(ランクにより変 …

旅しながら稼ぐ、ストックフォト5選!

旅人の悩みといえば、お金。資金が尽きたら旅行はできません。 旅行しながら、留学しながらお金が稼げたら最高だと思いませんか? スポンサーリンク そんな夢を叶えてくれるのがストックフォトです。ストックフォ …

人気記事TOP10

まだデータがありません。

カテゴリー


計5カ国の留学を経験した2人が様々な国から留学経験のあるゲストをお招きしてお届けする、留学リアルインタビューPodcast番組。

海外旅行に関する他のラジオを探す