世界で学ぼう!

この番組は、計5カ国の留学を経験した2人が様々な国から留学経験のあるゲストをお招きしてお届けする、留学リアルインタビューPodcast番組です。

Blog

海外インターンシップをしたい人にオススメなサイト6選!

投稿日:2015年8月14日 更新日:

海外インターンシップをするにあたってオススメなサイトを紹介します!

1、AJITORA

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
海外インターンシップ、海外就職などを掲載 グローバルで活躍したい人のためのサイト AJITORA(アジトラ)

このサイトの良いところは何と言っても、探しやすいところです。
海外インターン・海外就職を専門に扱っているだけあって、海外インターンの情報が沢山揃っています。国・地域や期間でインターンを探せるのも便利ですね。仕事内容、募集概要、報酬、手当てなどインターンの詳細も見ることができ、非常にユーザー目線に立ったサイトだと思います。新興国でのインターンが多いです。扱っている国の数ではダントツだと思います。

一方で、書類選考と面接を合格することと、参加費用の100,000円(税抜)が必要となります。

参加費用の10万円には

カウンセリング、渡航前オリエンテーション、到着時の空港ピックアップ、渡航中の海外危機サービスの提供(24時間の日本語による電話対応、世界各国の危険情報を閲覧するサイトの提供、キャッシュレスで病院の診察を受けられるカードの提供)、ブログの提供、受入先企業のレコメンデーションレター、就職サポートを含む(出典:AJITORA)

とのことですが、 それに10万円の価値を見出すかどうかは各々の価値観に寄りますね・・・。

ブログやレコメンデーションレター、就職サポートは必要ない人にはあまり魅力的なものではないかと思います。

ちなみに危険情報は外務省の海外安全ホームページより早く、詳しく配信されるサービスだそうです。

注意して欲しいのが渡航費はこの参加費用には含まれていないということです。現地までの航空券は自己負担となります。

スポンサーリンク

 

2、ICC

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg

大学生、若手社会人向け海外インターンシップ

AJITORAが海外に拠点のある日本企業でのインターンをメインに扱っているのに対し、こちらは外国企業のインターンをメインで扱っています。AJITORAに比べ、アメリカ、オーストラリアなど先進国でのインターンを多く扱っています。外国企業でのインターンは英語の履歴書が必要だったり、自力で探すのが難しかったりとハードルが高いのですが、ここでは履歴書添削、インターン先・滞在先手配などのサポートもあります。旅行業界や公的機関、NGO・ NPO、ボランティア団体、国際空港、高級ホテルなどインターンの種類が豊富なのが特徴です。

一方で、費用が高いことがネックです。ロサンゼルスでのインターンは4週間で¥516,000とかなり高額です。

航空運賃およびそれに付随する費用 / ビザ申請等にかかる費用 / 現地生活費(お小遣い、交通費、食費等)/ 海外保険費用は含まれていません。

値段が結構するだけあって現地サポートやオリエンテーション、事前研修などサポートは手厚いと思います。

 

3、Wantedly

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
本気で働きたいインターンを見つける

ソーシャルリクルーティングサイト「Wantedly」
新卒、中途採用、学生バイト、インターンなど様々な募集があります。

募集数は追随を許さないくらい圧倒的に多いです。
他のインターン斡旋会社と違い、手数料がかからないのが良いですね!

ただ海外インターンシップだけを扱っているサイトではないので、学生バイト・インターンという採用形態で募集を絞ることができますが、海外インターンシップだけを検索することができないのが欠点。海外インターンと検索するのが手取り早そうです。

海外拠点での学生募集が特集になっていました(下記リンク)。インターンの募集だけではないので注意。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
日本では物足りない!学生のうちに海外で働いてみたい!!そんな外向き志向な学生にオススメの募集をまとめてみました。

手数料がかからない分、サポートもないので注意です。

下手すると、タダ働きで雑用ばかりさせられた、みたいなことになり兼ねません。求人の応募数やPV数、その企業を応援している人の数などをチェックして本当に安心してインターンシップできる企業なのかどうか確かめた方が良いです。Facebookでログインすると、その企業の社員と自分の共通の友達が表示されるので、そういったところを参考にすると良いと思います。

スポンサーリンク

 
もう一つのデメリットとして、企業とコンタクトが取れないことがあります。Wantedlyはあくまで情報交換の場を提供しているだけで、企業と応募者の間に介入してくれることはありません。そのため、インターンにエントリーしても返信がない、または、返信がきても途中で連絡が取れなくなることがあります。エントリーしても返信がないのは、エントリーに採用担当者が気づいていない、もしくは、応募者がそのインターンに適していないためにサイレントで不合格になったという場合です。

インターンを斡旋している会社を通せば、いきなり企業に連絡が取れなくなっても対応してくれますし、サイレント不合格なんてことはないはずです。Wantedlyが自由な情報交換の場だからこその欠点ですね。

Wantedlyだと、中途やアルバイトなど多くの情報がありすぎて探しにくかったのですが、新卒用のインターン探しに特化したiPhoneアプリ「Wantedlyインターン」がリリースされたので、そちらもオススメです。

次のページに続きます。

次のページ→

-Blog

執筆者:

関連記事

旅しながら稼ぐ、ストックフォト5選!(5)

Shutterstock www.shutterstock.com  49 Tweets 205 Shares 167 Users 267 Pockets写真素材 イラスト ベクター画像なら …

旅しながら稼ぐ、ストックフォト5選!(4)

photolibrary 写真素材 フォトライブラリー  8 Tweets 348 Shares 1296 Users 165 Pockets写真素材 – フォトライブラリーhttps:// …

旅しながら稼ぐ、ストックフォト5選!(3)

3、Fotolia 次にオススメするのはAdobeのストックフォトサービス、Fotoliaです。 Adobe Stock  2 Tweets 784 Shares 492 Users 287 …

旅しながら稼ぐ、ストックフォト5選!(2)

2、PIXTA 次にオススメするのはストックフォトをやっている人で知らない人はいないであろう日本発祥のストックフォトサービス、写真素材【PIXTA】です。 1枚あたりの報酬:118円~(ランクにより変 …

旅しながら稼ぐ、ストックフォト5選!

旅人の悩みといえば、お金。資金が尽きたら旅行はできません。 旅行しながら、留学しながらお金が稼げたら最高だと思いませんか? スポンサーリンク そんな夢を叶えてくれるのがストックフォトです。ストックフォ …

人気記事TOP10

まだデータがありません。

カテゴリー


計5カ国の留学を経験した2人が様々な国から留学経験のあるゲストをお招きしてお届けする、留学リアルインタビューPodcast番組。

海外旅行に関する他のラジオを探す