browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

第077回 ブルゴスの大聖堂:年末SP★2018年の振り返りと2019年のテーマ

Posted by on 2018/12/31

セカザツ団体受験はこちらから

主にオフ会などの情報はtwitterで告知しています。

チャイはTwitter@chaichauchaoフォローを絶賛お待ちしております!

ついでにユッスーTwitter@youssou917もフォロー頂ければ、嬉しいです。

Twitterの公式ハッシュタグは#セカザツです(^^

でどんどんつぶやいてください。よろしくお願いします!!

Facebookの行け!世界遺産と雑学の旅☆グループもあります。
ちなみにチャイのアカウントは、Chai Nextです。是非友だちになって下さい!

***

・オープニング

チャイ、チャマバーで歓喜し、チャマスポットを梯子する。

ユッスー、End of Year Partyを堪能する。

 

・世界遺産のコーナー

ブルゴスの大聖堂

スペイン、文化遺産 登録年1984年

登録基準,(2),(4),(6)

 

ブルゴス大聖堂 (スペイン語:Catedral de Burgos)、またはサンタ・マリア・デ・ブルゴス大聖堂(Catedral de Santa María de Burgos)は、スペイン・ブルゴスにあるゴシック様式のカトリック教会の大聖堂。聖母マリアに捧げられた、巨大でユニークな建築物として有名である。

 

歴史

大聖堂の建設は、カスティーリャ王フェルナンド3世と、イングランド出身のブルゴス司教マウリシオの命で始まった。建設は、1221年7月20日、以前のロマネスク様式の大聖堂があった場所で開始し、完成に9年を要したアプスのシュヴ部分から着工した。祭壇は最初に1260年に聖化された。この祭壇は、建設が推薦される前にほぼ200年ほども長く建設が中断されていた。 大聖堂の工事は、建物の交差部分上部のランタン尖塔の完成した、1567年に完成した(交差部分の頭上には繊細なすかし細工の星形ヴォールトがある)。

建築家たちはおもに、13世紀にはフランス人が、15世紀にはドイツ人が建設の責務を負った。1417年、ブルゴス司教はコンスタンツ公会議に出席し、ケルンのヨハンという建設業者を連れ帰り、彼は石造りのトラセリー(窓上部の狭間飾り)のある塔を完成させた。

歴代ブルゴス司教のなかで最も有名なのは、15世紀の学者で歴史家であるアルフォンスス・ア・サンクタ・マリアである。

1919年、大聖堂はエル・シッドことロドリーゴ・ディアス・デ・ビバールとその妻ドーニャ・ヒメーナの墓所となった。1984年10月31日、ユネスコにより世界遺産に登録された。

 

建築

15世紀に造られた北フランス風ゴシック様式建築の西正面は、六角形の尖塔をもつ塔が側に立つ(尖塔は表面が石造りのトラセリーで覆われている)。3つの階のあるファサードは、尖塔アーチ形をした3つの入り口がある。入り口には小尖塔状の欄干で取り囲まれた歩廊、繊細に刺し通されたバラ窓がある。階最上部は2つの尖塔アーチ形二重アーチのある窓と柱脚上の像、石に彫られたマーク入りの欄干がある。像の中心には聖母マリア像がある。塔の欄干とバルコニーは、銘が彫られている。四つの角を、六角形の小尖塔で針編みレースのように彩っている。

十字架状の平面図には、本堂と、外観の眺めでは広い歩廊がほぼ隠されている。15の礼拝堂が側廊から加えられ、北西にある美しい14世紀の回廊と南西の大司教邸により交差廊と回廊が加わった。西側ファサードの3つの中央戸口上は、2つの優雅な塔がそびえ立ち、小尖塔を頂く。祭壇の多くと、礼拝堂及び像は大聖堂内にあり、芸術的・歴史的意味を帯びている。

北交差廊の入り口は、12使徒像の並ぶ「ポルタダ・デ・ラ・コロネリア」(Portada de la Coronería)の名前で知られる。頭上に、尖塔アーチ形窓と2つの小尖塔を頂く入り口がある。南側入り口で。ポルタダが「書き物机に向かう福音伝道者」を具体的に描いている。

壮麗な六角形の礼拝堂はフランボワイヤン・ゴシック様式である。騎士・天使・紋章といった装飾が並ぶトラセリーで彩られる。この礼拝堂は、カスティーリャの城代であったペドロ・フェルナンデス3世・デ・バラスコとその家族の墓所として建てられたものである。(wikipedia)

 

・ユッスーと行く雑学の旅!

ガーナの経済と財政から日本も学ぶとこあるよ、な話。

 

・2018年を振り返り、来年のテーマを発表するコーナー

2018年の振り返りと、幸せを感じるための4要因。

にのこさん、ぺっちゃんさん、トシさん、いぬいぬさん、エイさん、ありがとう!!

2019年のチャイのテーマは「数字」、ユッスーのテーマは「結果」です。

 

・エンディングとメール紹介のコーナー

ヨルヨルさん、たろさガラパゴスさん、オカピさん、メールありがとうございます!!

世界遺産検定も絶賛受験受付中です~!!

Comments are closed.