タグ別アーカイブ: ワーホリ

第013回 オーストラリア情報のざつだん

 

旅の資金を作るためにオーストラリアへのワーホリを考えていたMCミツル、英語留学好きの延長でワーホリにやってきたMCカオリ、ワーホリにくるなんてはじめはまったく考えていなかったMCシン の三名でお送りしてきたワーホリざつだん!ですが、今回の放送で、いったん配信をお休みさせていただきます

オージーにまつわるクイズや、ワーホリに関係ある話も関係ない話も、いろいろなざつだんと共に、夜のキャラバンパークの片隅からお届けしてきましたが、この三人の語らいが、少しでもリスナーの皆さんの生きていく肥やしになってくれれば と願うばかりです

 
operahouse4
豪州の中で大きなシティーの代名詞といえば、やはりオペラハウスがあるシドニー。 …少し限定的な情報にはなってしまいますが、MCシンからのプチ情報です:シドニー国際空港にはfree wifiスポットがしっかりあるそうで、ワーホリ生やバックパッカーの情報収集として役立てると良いよ!とのことでした

 

オーストラリアにはカンガルーやコアラ等々、独自の動物が数多くいますが、MCミツルの個人的に興味深く思っている動物はエミューです。
一部地元のオージーの人々は食肉として食べる習慣があるそうで、どんな味なのか気になります…

 

さくいん
・ワーホリに来る予定がなかったMCシン
・移民を多く受け入れる国 オーストラリア
・ワーホリ可能年齢が旅がしやすい年齢?
・オーストラリアはどのくらいの大きさかクイズ
・オーストラリアで一番大きなシティークイズ
・美味しい の英語の表現の色々
・日本のパンダは実は中国からのリース

 

第002回 原住民族アボリジニについて

 

ワーホリざつだん!第2回目の放送がやってきました!

冒頭のワーホリ上級者カオリがワーキングホリデーに来るきっかけの話から発展して、今回は原住民族アボリジニのお話を中心にお届けしました。

日本で”原住民”という言葉を聞いても、あまりピンとこないかもしれませんが、オーストラリアに来たことがある人なら、誰もがこの問題を耳にしたことがあるかと思います。

 

12

 見た目的にはアフリカの黒人の人たちのような肌の黒さで、身体つきも大きな人が多いです。

 

大きな街・シティーではあまり見かけませんが、郊外の町や田舎に行くと、かなりの確率で出会うことが出来る原住民族アボリジニの人たち。

もし直接話す機会が得られた時には、実際の暮らしについての質問などしてみたいと思います。

 

<さくいん>

・カオリがワーホリに来たいきさつ
・シンは中南米でワーホリを知った
・ミツルがワーホリに来る前に感じた不安
・原住民アボリジニ同士の会話や伝統衣装
・原住民と白人の怖い歴史
・原住民の青年の素晴らしき言葉
・アルコールを飲んではいけない身体
・シートベルをしていないと高い罰金