今回は相談・質問の多い、登山やスカイダイビングなどの危険を伴うアクティビティの海外旅行保険の適用範囲についてお話しさせていただきました。

【おもな内容】

●ミカコさん、引き抜きに遭い別番組のパーソナリティとなります。やすやす・トモローはミカコさんの魅力を引き出せていませんでした。申し訳ありません。

ミカコさんがパーソナリティになる番組はこちら「世界発信!旅人に訊こう」 http://tabitabi-podcast.com/tabiask/

※世界発信!旅人に訊こうはミツルさん・リョウヘイさんが交代にてパーソナリティを務めてらっしゃいます。今後ミカコ回も配信予定となっています。
ミカコさん、これからも海外旅行保険相談室にも顔を出してくださいね。

●海外旅行保険においての登山の定義について

●海外旅行保険は危険なアクティビティを4つの区分に分けて危険特約の割増掛け金がかかります。

1.6000m以下の山岳登攀(とうはん)

2.リュージュ・ボブスレー・スケルトン・スカイダイビング

3.6000m以上の登頂を目的とした山岳登攀(エクスペディションプラン)

4.航空機の操縦など(飛行船や気球は除く)

 

●危険割増し特約は加入を希望しても断られる事が多いので、登山などの補償に関して実績のある保険代理店に問い合わせるのが一番。

 

※番組内でスケルトン競技の日本の先駆者をオチさんと呼んでおりましたが、正しくはコシさん(越 和宏)でした。大変失礼致しました。

 

 

【次回配信予定の内容】

●お便りQ&A

 

 

Tags: , , ,

Comments are closed.

hide totop