巡礼が終わった時、本当の巡礼が始まる。

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼51日目
@サンティアゴ・デ・コンポステーラ

2014/07/04 ロミロミ

Santiago de compostela(サンティアゴ・デ・コンポステーラ)

全行程を終えて、サンティアゴ・デ・コンポステーラに戻り、大聖堂で二度目のミサに参加した。
本当にこれで全てが終わったんだなと思った。
達成感、満足感も大きいけど、明日からは矢印のない道を歩くことのさみしさ。

この道の魅力はなんだろう・・。

巡礼が終わった時、本当の巡礼が始まる。

巡礼が終わった時、本当の巡礼が始まる。

みんな実際に歩いているのは一本の同じ道。
だけど、みんないろんな瞬間で自分が決めた選択をしながら前に向かって道を歩いている、
時には道をそれる人もいたし、離れる人もいた。
そんな選択の積み重ねがカミーノ。一本の道になる。

ヤコブに詣でるという一つの目的を持って歩くけど、そこまでの理由もそれぞれ。
同じ道であっても、それぞれがそれぞれの道を歩いている、一つとして同じ道はない。
私は私の道を歩いたし、ゆきーたもゆきーたの道を歩いた。

目的地に向かって速く歩いていくのか、のんびり他の事をしながら歩いていくのか、
誰と歩くのかも自由。
背負う荷物の重さだって自分で決めたらいい。
私は荷物をもっと減らしたかったけど、最後までそれが出来ずにいた。
だけど、その荷物を背負って歩けるだけの身体になった。

自分に必要な物だけを選んで背負って、ただただひたすら歩いて、
出会う人々と触れあいながら目的地までいくというシンプルなもの。

こんなシンプルな事をする事の方が今は難しいのかもしれない。
またこの道をきっと懐かしく恋しく思うだろう。

今まで一緒に歩いてきたゆきーたを始め、道で会話をした巡礼者達、
日本で私を応援し、送り出してくれた方々に感謝します。

カミーノは辛くて、沢山考えたり、真っ白になったり、だけど楽しくて、きれいで、心に残る道です。

ラジオ放送
音声

【恋スパラジオ018回】
新たな目標
聖地から地の果てに向けて

~サンチャゴ・デ・コンポステーラより~

•775km 43日間の道のりとカミーノファミリー
•感動のミサ ボタフメイロ(大香炉)と美しいシスターの歌声
•振り返るカミーノ、気持ちの動き
•巡礼者がオシャレに変身する時
•ヤコブ様にHugする 大聖堂情報
•思いを込めて、大聖堂を寝転がって眺める
•明日からの目的地、地の果て

サンチャゴまで残り4km!大聖堂の尖塔を初めて目にする場所

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼42日目
@モンテドゴソ

2014/06/25 ロミロミ

巡礼42日目

Monte do Gozo(モンテ・ド・ゴソ)

サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの道のりは、あと1日を残すのみとなった。
後ろを振り返れば、長く道が出来た。

サンチャゴまで残り4km!大聖堂の尖塔を初めて目にする場所

サンチャゴまで残り4km!大聖堂の尖塔を初めて目にする場所

歓喜の丘(Monte do Gozo)に登り、サンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂の尖塔を見つけた時は
言葉にならない嬉しさとともに感極まった。
一緒に歩いた皆でカテドラルを見つけて喜んだ。まさに歓喜の丘!

「もうあと少しなんだー!」とやっと実感。
今まで色んなカテドラルを見てきたけど、これだけは思いの深さが違う。

あと少し、とはいっても最後まで何があるかわからない。
なぜなら一緒に歩いていたセレブのうえちゃんと昨日、ちょっとした事で揉め事になってしまった。
それからというものどうも私達と歯車が狂ってしまって。

遂に今日は違うアルベルゲに泊まる事になった。
もうあと少しなのに。
何でここまで来てこんなことになってしまうのか。

うえちゃんは「皆でサンチャゴに着いて抱き合いたいけ~!」って言ってたのに・・・。
明日はどうなるんだろう。