巡礼路にコウノトリを発見!

【巡礼日記 by ゆきーた】
巡礼27日目
@ビジャダンゴス・デル・パラモ

2014/06/10  ゆきーた

巡礼27日目 

Villadangos del paramo (ビジャダンゴス・デル・パラモ)

昨日、寝る前にアルベルゲの窓からカテドラルを見た。
風が心地よくて、とてもキレイだった。

巡礼路にコウノトリを発見!

巡礼路にコウノトリを発見!

朝、都会の矢印を見落としやすい私はうえちゃんと一緒に歩いてもらった。
今日も歩き始めて30分くらいで左肩と背中が痛くなる。
肩と背中が痛い、と言うと、うえちゃんが「タオルはさんでみる?ほら、ここでやってみよう」と言ってくれた。
レオンのパラドール前のベンチに座り、タオルを持っていない私はリュックから長袖Tシャツを取り出し、うえちゃんがそれを左肩にはさんでくれた。
あーラクだ。
「ズレたらまた入れてあげるけん、言いなーよ!」
その後もこまめに私のリュックの具合をチェックしてくれるうえちゃん。山歩きベテランのうえちゃんは、歩き方の助言もくれる。
ありがたや。

そのうちロミーも加わり、道中はうえちゃんの昔の恋愛話で花が咲く。
カミーノ上で、女子3人恋愛トークができるなんて想像もしてなかったな。

アルベルゲに着いてから昼食をとり、昼寝をしていたところ、うえちゃんに「ちょっと来て」と起こされる。
やはり今日もモチーラ(リュック)問題。
オスピタレロに聞いたところ、昨日泊まったレオンのアルベルゲにうえちゃんと神夫妻のモチーラが置きっ放しになっているとのこと。
優しいオスピタレロ。運送屋と昨日のアルベルゲに電話で確認してくれたらしい。
昨日のアルベルゲのオスピタレロが運送屋への連絡を忘れたのか、運送屋がそこに寄るのを忘れたのか定かではないが、最終的には20€支払えば1時間でこのアルベルゲに運んでくれると。
「昨日(オスピタレロに)確認したときは、大丈夫やー言うてたのに、もー!」
いつもは仏様のように優しいさえこさんも怒っている。
私もつい、「またモチーラ⁉」と怒ってしまう。

でもここは日本ではない。
そういうこともあるでしょう。
起きてしまったことは仕方がない。
怒ってもモチーラは届かない。
20€で届けてくれるなら、まあいいか。
オスピタレロにお願いして待つことになった。

その後、久しぶりにさえこさんと2人で話した。
最近、疲れもあってかイライラして穏やかではなかった私にも、さえこさんは優しい。

さえこさんは、実は英語が話せるのかな?何か特別な能力を持っているのかな?と思うくらい、超越した動きができる。
まず、道に迷わない。外国人とコミュニケーションがとれる。

でも私達がそばにいると、すぐに助けを求めてしまう。
助けを求めることは決して悪いことじゃないけど、できることをできなくさせてしまっているのは私達なのかな?と思うことがある。
一緒にいなくちゃいけない、と思うことは、私の思い上がりなのでは、と思ったりしていた。
「お世話になりっぱなしでごめんね。」とさえこさん。
私はお世話らしいことは何もしていない。でも思っていたことを伝えてみた。
「さえこさんはできることが多いのに、私達がそばにいるとどうしても頼ってしまうから。できないことは私なりに手伝うけど、私達も限られた時間の中でやりたいことがあるから、できることはやってほしいな。」
そう言うとさえこさんは、
「そうだね。がんばります。」と笑顔で言った。

こんなこと言ってよかったかなぁ、とも思ったけど、ずっとモヤモヤしていたことを伝えたらスッキリした。

そしてこれからも、皆で一緒にサンティアゴまで歩きたいな、と思った。

道が二つに分かれる時は要注意!

【巡礼日記 by ゆきーた】
巡礼23日目
@エルブルゴロネロ

2014/06/06 ゆきーた

巡礼23日目
El Burgo Ronero(エルブルゴロネロ)

今日は朝から神夫妻がもめている。
どうやら奥さんが昨日モチーラ(バックパック)の配達についての確認(電話すること、置き場所)を忘れてしまったらしい。
アルベルゲの受付はまだ開いてない。
続きを読む