フィステーラとムシアに分かれる道

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼47日目
@セエ

2014/06/30 ロミロミ

巡礼47日目

Cee(セエ)

今日は15㎞程歩くつもりだった。
朝は8時近くにアルベルゲを出た。周りを見渡しても巡礼者はいない。
空もどんより灰色。
サンティアゴ・デ・コンポステーラを出てからこんな日が続いている。

フィステーラとムシアに分かれる道

フィステーラとムシアに分かれる道

泊まる予定だった村に到着したけど、バルが一軒あるのみでアルベルゲはない。
ゆきーたと話し、次の地点のCee(セエ)まで行くことに決めたのが14時近く。
しかもそこから15㎞程、山道で何もないという。
そのせいかそこのバルはぼったくり価格。
トルティージャとも言えないような薄っぺら卵焼きみたいなものが4ユーロもした!
そんな時間から15㎞歩く決意、集中するしかない。
なんだか風景も綺麗と言える程でもない。
しかも途中から強い風が出て、雨まで降ってきた。
雨使用の衣類装着!
BDさんがサンティアゴ・デ・コンポステーラで別れる時にくれたポンチョは大活躍。
BDさん、毎日使ってるよ~。

サンチャゴからの道のりはカミーノを振り返るにはちょうどよかった。
巡礼者の数はぐっと減り、とにかく静か。
それに合わせるかのように天気まで悪い。
15㎞の長い道のりは、雨が降り続けたから少しの休憩もできなかった。
それに加えて、下り坂は石がゴロゴロで何度も足をくじきそうになったり滑ったり。
ここまで来て試練だ。
雨用帽子で前も見にくい。
それでも気づけば、左横から港が覗いた。
巡礼路上で初めての海!!
今日は二人とも頑張った31㎞の距離。
明日のフィステーラまでの道のりが短くなったから少し楽になったかな。

本当にあと少し。
もう少しでこの原始的な生活も終わり。
神夫婦は孫とスペイン観光をしているだろう。
BDさんはマドリードでついに韓国料理を食べたとメッセージが来た
(もうすぐ帰国なのに・・・)
うえちゃんはどこに行っちゃったんだろう・・。

みんなそれぞれにサンティアゴ・デ・コンポステーラ後の生活をしている。
今頃みんなどんな事を考えているのかなぁ。
少しは私達を思い出してくれてるのかな。