ガリシアはチーズも豊富。言葉もガリシア語に変わった

【巡礼日記 by ゆきーた】
巡礼36日目
@サリア

2014/06/19 ゆきーた

巡礼36日目

Sarria(サリア)

今日はついにサリア。
巡礼証明書は残り100㎞の道のりを歩いても発行されるのでここから始める人も多いらしい。
そしてここから巡礼者が一気に増えるのでアルベルゲも増えるし、値段も上がる。

ガリシアはチーズも豊富。言葉もガリシア語に変わった

ガリシアはチーズも豊富。言葉もガリシア語に変わった

サリアの公営アルベルゲは6ユーロと安いけど40ベッドしかない。
しかもキッチンはあっても食器や調理器具がない。
ガリシアに入ってからそういう公営アルベルゲが多い気がする。

今日は7:30に出発して15時過ぎに着いたので、公営は満室。
なので私営の10ユーロのアルベルゲへ。
でもいい匂いがするし、バスタオル付き。
キッチン器具も整っている。
シャワー2つでトイレ一つっていうのが気になるが・・・。
トイレはあまり重要じゃないみたいだね。

ここからサンティアゴまであと1週間。
最近歩くことがおっくうでなかなか進まず、朝も起きれない。
景色を楽しむこともあまりない。
今日、セレブのうえちゃんが「あと少しで終わりだね。淋しいけー」
と言っていた。そうか、そういえば巡礼が近づくと淋しいって誰かが言ってたな。
私は早く終わりたくて仕方ないよ。

日本に帰りたいのではなく、早く巡礼生活から抜け出したいよー。

ラジオ放送
音声

【恋スパラジオ011回】
巡礼宿(アルベルゲ)の
上手な使い方

~ボアディージョデルカミーノより~

・今回はアルベルゲ(巡礼宿)について説明
・どんな設備があるの?アルベルゲ選びのポイント
・巡礼者の洗濯問題
・アルベルゲのキッチン
・温かいシャワーとフワフワのタオルが恋しいロミロミ
・ちょっと危険なアルベルゲのベッド
・便利なペレグリーノメニュー(巡礼者定食)

プエンテ・ラ・レイナ

【巡礼日記 by カメ】
巡礼5日目
@プエンテ・ラ・レイナ

2014/05/19 カメ

巡礼5日目
Estella(エステージャ)

朝日射すプエンテ・ラ・レイナを6:45am通過。
一路Estellaを目指してstep by step!!
12:30着。6時間かけて到着。
シャワーを浴びて、洗濯を済ませ、足の手入れをし、少し休んで街へレッツゴー!!
続きを読む