サリアからは団体巡礼者が増えた。休憩中もビールを飲んで楽しむスペイン人巡礼者

【巡礼日記 by ゆきーた】
巡礼37日目
@ポルトマン

2014/06/20 ゆきーた

巡礼37日目

Portmarin(ポルトマリン)

今日からペレグリーノ(巡礼者)がものすごく増えた。
きれいなリュックにきれいな靴。
気持ちも高ぶってるみたいで「Buen camino!」と言われることもまた増える。
37日前の私だな。

サリアからは団体巡礼者が増えた。休憩中もビールを飲んで楽しむスペイン人巡礼者

サリアからは団体巡礼者が増えた。休憩中もビールを飲んで楽しむスペイン人巡礼者

サン・ジャンから出発した人達は途中皆疲れた表情をしていることが多く、
声をかけあうことは前半より減ったけど、今日からまた新しい仲間が増えた。

公営アルベルゲは若者も多い。
中高生くらいの子たちが団体で参加しており、部屋の中はコソコソ話の声と笑い声が響いている。
この空気の違い。

最近思うのは、ペレグリーノは一種の観光客とされている、ということ。
基本的にアルベルゲやオスピタレロはボランティアや寄付で成り立ってるらしいけど、バル併設のところはどうなんだろ?
観光地の宿みたいに客の呼び込みみたいなことをしているところもある。

本当に宗教心が強くて巡礼をしている人もいれば、友達作りの場としている人や、運命の人との出会いを求めている人もいる。
私が想像していた巡礼とはちょっと違うみたい。
でもこの巡礼路が世界遺産になったことで観光客が増え、この国の経済に役立っていることは確かだろうしいいことなんだろうなぁ。
ただの観光客となるか、出会いを求める若者となるか、本当の巡礼者となるか、それは気持ちのもち次第なんだろうなぁ。

私にとっての苦行・・・歩くこと、団体生活、英語。
あと少し、がんばろー!

ラジオ放送
音声

【恋スパラジオ015回】
オスピタレロへの
長い道のり

~アストルガより~

・ゲストは日本人オスピタレロ(宿の世話人)の岡本さん
・オスピタレロになる為に必要なこと
・北の道、銀の道、アルルの道、ヴェズレーの道など毎年カミーノを歩く
・パウロ・コエーリョの「星の巡礼」が歩き始めたきっかけ
・今年はスイスのジュネーブから歩いてきた
・恩返しをしたいという思いから始まったボランティア
・オスピタレロの一日の流れと実際
・オスピタレロが困ることや苦労、よかった事
・岡本さんが一番印象に残った道
・カミーノは東ヨーロッパからも続いている
・歩いている時に何を考えているのか
・なぜそれ程カミーノに夢中になるのか
・カミーノを歩きたいと思っている人へのアドバイス

ガウディの手掛けたアストルガ司教館

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼28日目
@アストルガ

2014/06/11 ロミロミ

巡礼28日目

Astorga(アストルガ)

久しぶりに長距離。そして上り坂もある。このところ天気は安定していて良い天気。
でも歩いているとすごく暑くなってくる。

ガウディの手掛けたアストルガ司教館

ガウディの手掛けたアストルガ司教館

やっとアストルガの街の手前の丘に辿り着いて、街を見渡した時の喜び。
アストルガの景色はとても美しくて幸せな気分になった。
後ろに見えている山々は少し雪が覆っていて、
街の建物は赤茶色のレンガで統一されている。とても景色がいい。

そして到着した公営アルベルゲには、なんと日本人オスピタレロがいた。
カミーノで初めて日本人オスピタレロに会った。

私はチェックインをしてから、是非オスピタレロについて聞いてみたいと思った。
podcastをやっていることもあって、それを伝えると快く収録に応じてくれた。
実はpodcastをやることは私には初めは抵抗があった。
でもこうやって色んな人のお話が聞けて、それを今後も伝えていけるかと思うとやっていてよかったなと思える。

オスピタレロの岡本さんは何度か巡礼路を歩いていて、それも色んな道を歩いている。
今回も歩いてアストルガまで来ていて、その途中でオスピタレロとしての活動をしている。
私にとってはサンチャゴまでの道ですら、大変な道のりだけど、なんと彼はスイスのジュネーブから歩いてきたそうだ。
色んな人がいるもんだなぁ~!!
とりあえず私にはまだ見ぬ世界だ。

巡礼路にコウノトリを発見!

【巡礼日記 by ゆきーた】
巡礼27日目
@ビジャダンゴス・デル・パラモ

2014/06/10  ゆきーた

巡礼27日目 

Villadangos del paramo (ビジャダンゴス・デル・パラモ)

昨日、寝る前にアルベルゲの窓からカテドラルを見た。
風が心地よくて、とてもキレイだった。

巡礼路にコウノトリを発見!

巡礼路にコウノトリを発見!

朝、都会の矢印を見落としやすい私はうえちゃんと一緒に歩いてもらった。
今日も歩き始めて30分くらいで左肩と背中が痛くなる。
肩と背中が痛い、と言うと、うえちゃんが「タオルはさんでみる?ほら、ここでやってみよう」と言ってくれた。
レオンのパラドール前のベンチに座り、タオルを持っていない私はリュックから長袖Tシャツを取り出し、うえちゃんがそれを左肩にはさんでくれた。
あーラクだ。
「ズレたらまた入れてあげるけん、言いなーよ!」
その後もこまめに私のリュックの具合をチェックしてくれるうえちゃん。山歩きベテランのうえちゃんは、歩き方の助言もくれる。
ありがたや。

そのうちロミーも加わり、道中はうえちゃんの昔の恋愛話で花が咲く。
カミーノ上で、女子3人恋愛トークができるなんて想像もしてなかったな。

アルベルゲに着いてから昼食をとり、昼寝をしていたところ、うえちゃんに「ちょっと来て」と起こされる。
やはり今日もモチーラ(リュック)問題。
オスピタレロに聞いたところ、昨日泊まったレオンのアルベルゲにうえちゃんと神夫妻のモチーラが置きっ放しになっているとのこと。
優しいオスピタレロ。運送屋と昨日のアルベルゲに電話で確認してくれたらしい。
昨日のアルベルゲのオスピタレロが運送屋への連絡を忘れたのか、運送屋がそこに寄るのを忘れたのか定かではないが、最終的には20€支払えば1時間でこのアルベルゲに運んでくれると。
「昨日(オスピタレロに)確認したときは、大丈夫やー言うてたのに、もー!」
いつもは仏様のように優しいさえこさんも怒っている。
私もつい、「またモチーラ⁉」と怒ってしまう。

でもここは日本ではない。
そういうこともあるでしょう。
起きてしまったことは仕方がない。
怒ってもモチーラは届かない。
20€で届けてくれるなら、まあいいか。
オスピタレロにお願いして待つことになった。

その後、久しぶりにさえこさんと2人で話した。
最近、疲れもあってかイライラして穏やかではなかった私にも、さえこさんは優しい。

さえこさんは、実は英語が話せるのかな?何か特別な能力を持っているのかな?と思うくらい、超越した動きができる。
まず、道に迷わない。外国人とコミュニケーションがとれる。

でも私達がそばにいると、すぐに助けを求めてしまう。
助けを求めることは決して悪いことじゃないけど、できることをできなくさせてしまっているのは私達なのかな?と思うことがある。
一緒にいなくちゃいけない、と思うことは、私の思い上がりなのでは、と思ったりしていた。
「お世話になりっぱなしでごめんね。」とさえこさん。
私はお世話らしいことは何もしていない。でも思っていたことを伝えてみた。
「さえこさんはできることが多いのに、私達がそばにいるとどうしても頼ってしまうから。できないことは私なりに手伝うけど、私達も限られた時間の中でやりたいことがあるから、できることはやってほしいな。」
そう言うとさえこさんは、
「そうだね。がんばります。」と笑顔で言った。

こんなこと言ってよかったかなぁ、とも思ったけど、ずっとモヤモヤしていたことを伝えたらスッキリした。

そしてこれからも、皆で一緒にサンティアゴまで歩きたいな、と思った。

レオンにあるガウディ建築ボティネス邸

【巡礼日記 by ゆきーた】
巡礼26日目
@レオン

2014/06/09 ゆきーた

巡礼26日目(休息日)

León

アルベルゲのオスピタレロに注意されるまで食堂でゆっくり過ごし、皆で街のバルへ。
次に泊まるアルベルゲが開く時間までのんびりバルで過ごす。
今日のアルベルゲは€10。

レオンにあるガウディ建築ボティネス邸

レオンにあるガウディ建築ボティネス邸

ちょっと高めだけど4人部屋でトイレとシャワー付き。
うえちゃんの部屋は€20の個室でバスタブとトイレ付き!ステキ!
チェックイン後はロミーと二人でショッピング。
スポーツ用品店でサングラスを買い、その後ランチへ。高いけど美味しい。
じゃがいものアリオリあえ、エビのアヒージョ、サラダ。
どれもこれもおいしい。
店も満員で活気に満ち溢れている。都会!胸が躍る。

ランチ後はコルテイングレスへ。
久々のデパート。
どれもこれも素敵に見える。
あーこれが巡礼じゃなければ、あのバックもこの帽子も買ってるのにな〜。
最後に大好きな食料品売り場へ。
田舎のスーパーとは違う品揃え。
どれもこれも美味しそう。
食品売り場でウインドーショッピング。
これが楽しい。
そのうち巡礼中というよりただの旅行中に思えてくる。

その後うえちゃんを誘ってヨーグルトアイスを食べにいく。
うえちゃん「おいしい〜幸せ〜最高!」って。
うえちゃんも休息日を楽しんでいる。
最近ストレスでもんもんとしていたけど、昨日のランチから今までずっと楽しんでなんだかスッキリした。
やっぱり休息日って必要だね!

オスピタレロの愛情たっぷりの夕食
色々なところに配慮があるベントサのアルベルゲ お庭も綺麗

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼10日目
@アソフラ

2014/05/24 ロミロミ

巡礼10日目
Azofra(アソフラ)

なんと、昨夜はドキュメンタリー映画製作をしているというオーストラリア人のアンドリューが神夫婦の撮影をしたいと声をかけてきた。
彼の父は日本人、母はドイツ人、話せる言葉は英語のみ。
私はアンドリューから、神夫婦との間の通訳をして欲しいと頼まれ、なんとか中学生英語でそれに応じた。
神サエ子さんは「化粧しなきゃ!」とメイク直しをしてインタビューに挑んだ。
アンドリューはカミーノを歩きながら何人かの撮影をしているらしい。
続きを読む

サンジャン 巡礼手帳に一個目のスタンプ

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼1日目
@ロンセスバージェス

2014/5/15 ロミロミ

巡礼1日目
スペインRoncesvalles(ロンセスバージェス)

着いた!!ロンセスバージェスに。今日の一言「身体中が痛い。」
約27㎞程の距離を重いバックパックを背負い、歩き、1400mのピレネー山脈を越えたんだ。
もし一人で歩き始めていたら確実に弱音を吐き、泣いているに違いなかったと思う。
周りはヨーロッパ人が多くて、高齢の人も沢山いるのにどんどん私達を追い越していった。
時には山道で私達二人だけになることもあって、多分到着はみんなよりもすごく遅かった。
続きを読む