【巡礼日記 by ゆきーた】
巡礼46日目
@サンタマリーニャ

2014/06/29 ゆきーた
巡礼46日目
SantaMariña(サンタマリーニャ)

 サンティアゴからフィステーラまで歩く場合、1日30km前後の長い道のりを歩いて3日で目的地に着く巡礼者が多い。
今までのカミーノと違って、アルベルゲが少ないので歩かざるをえない、という理由がある。
しかし、今は途中に新しくアルベルゲができているため、必ずしも1日30km歩く必要はない。
私たちは、今日は21.5 km地点のアルベルゲに泊まることにした。

静かな道を和ませてくれる通りすがりの風景

静かな道を和ませてくれる通りすがりの風景

サンティアゴへ向かう道とフィステーラに向かう道はなんとなく違う。
気持ちの面が大きいのだろう。
サンティアゴに向かう道のりは「ゴール目指してがんばろう!」という感じ。
フィステーラに向かう道はなんとなくもの悲しい。
サンティアゴ出発から降っている雨のせいだけではないと思う。
皆と別れて、淋しいのだろうな。

そんな中、今日の休憩中、カミーノ上でよく見かける青年を発見。
ぽっちゃりした体型で背も高く、常にイヤホンをして歩いている。
バルやアルベルゲでは、たばことビール又はコーラ。
彼が他人と交流しているところを一度も見たことがない。
メリデで彼とアルベルゲが一緒になったとき、うえちゃんが声をかけてみたが一瞬で会話が終わった。

彼の後ろ姿を見つけてすぐにロミちゃんに報告!
「ロミちゃん!イヤホンの人!」
フィステーラに向けて出発してから、サンティアゴまでの道で知り合った人々と出会っていなかったから、
仲間を見つけた気がして嬉しかった。
ロミちゃんがイヤホンマンに英語で話しかける。
私たちのこと知っているか聞いたけど、知らないって。
イヤホンで自分の世界に入っているのでしょう。
でもうえちゃんのことは覚えていた様子。

イヤホンマンはドイツ人。
今日はどこまで歩くの?と聞くも、まだ決めていないとのこと。
初めてイヤホンマンの笑顔が見れて、私たちは満足し、また歩き出した。

長い長い道のりのあと(道間違えたので特に)、
最初のアルベルゲに到着。
12ユーロ
高いね。
次のアルベルゲへ。
10ユーロ
10ベッドのアルベルゲ。ここに決定。

他の巡礼者、誰も来ないなーなんて話していたら、男性の声。
現れたのは、まさかのイヤホンマン!!

なんて偶然、すごいね!
しかもこの村、店がないので外食しか手がない。
このアルベルゲでは8ユーロで夕食がいただける、とのこと。
もちろんお願いすることにした。
しかも!イヤホンマンも一緒!
他に巡礼者が来なかったため、3人で夕食(時間もテーブルも決められていたので)。
まさかこんな日が来るなんて笑
さらに驚いたことに、イヤホンマンも私たちと同じ日にサンジャンピエドポーを出発していた!
実は私、イヤホンマンをピレネーで見た記憶あるんだよ。
こんなに景色がよくて風の音が気持ちいいのに、イヤホンつけて歩いてる大きな男性は印象的だった。
記憶違いかと思っていたけど、やっぱりそうだわー

サンティアゴを過ぎてから、こんなウンミョン(運命)が待っていたとは。
この不思議な一本道。

ちなみに今日は、うえちゃんのことを思い出しながら歩いていた。
フィステーラに着いたら、うえちゃんにハガキを出そう、とロミーと話した。
うえちゃんは元気だろうか。

LINEで送る