【巡礼日記 by ゆきーた】
巡礼44日目
@サンティアゴ・デ・コンポステーラ

2014/06/27 ゆきーた

巡礼44日目
(休息日)

Santiago de compostela(サンティアゴ・デ・コンポステーラ)

いやー疲れた。ここまで長かった。
一生この生活が続くのかとも思っていた。昨日ついにサンチャゴに到着。
カテドラルが改装中?ってのもあってかそんなにものすごい喜びはなかったけど、
ミサでボタフメイロを見ていたら今までのことが思い出されて感動して涙が出た。

巡礼者は寝転がってサンチャゴの大聖堂を眺める

巡礼者は寝転がってサンチャゴの大聖堂を眺める

その後ランチを済ませて寝転がってカテドラルを眺め、「あー本当にここまで歩いてきたんだな」としみじみした。
「ここまで歩けたよー!お母さーーん!」という気持ち。
バスが使いたくて仕方なかったし、全部ちゃんと歩くつもりなんてさらさらなかったけど、なんだかんだ文句言いながらここまで徒歩で来れた。
私にしてはよく頑張ったわ。
神夫婦にも涙、涙で「ありがとうね。」と感謝された。
私は誰かに感謝されたり。褒められたくて巡礼をしていたわけじゃないけど、
神夫婦と一緒に過ごせてよかったと思った。

あんなに団体生活が嫌で逃げたくて仕方なかったけどなんとか頑張れたのは、
友達と来たんだから友達と一緒にサンチャゴに行きたいという思いがあったからだろうなぁ。
ここで私だけどっか行ってしまったら、今まで築いてきたものが崩れてしまうのではないかとか色々考えた。
そう思うとやっぱりうえちゃんのどんでん返し事件は残念でならない。
私達はうえちゃんにすごくよくしてもらってたし、キツイ事も言われなかったから
こんな最後の最後に離れてしまうとは。
これが彼女の巡礼だったのか。

明日はフィステーラに行くためにまた歩き出す。
なぜフィステーラまで歩いていくの?と聞かれることもある。
サンティアゴまで歩き、フィステーラやムシアまではバスで往復する巡礼者が多いから。
なぜ?と聞かれると自分でもよくわからないけど、フィステーラの存在を知った時に
「私もそこまで行きたい。」と思った。
たぶん、昔の巡礼者と同じことをしたいんだと思う。
昔の人がもしかしたら家に帰れないかもしれない、死ぬかもしれない、
という危険を知ってでもヤコブ様の元に行きたい、願いを叶えたいと奇跡を信じて歩いた道を同じように歩きたいんだなー。
あ、でもフィステーラまでとなるとヤコブ様の元は訪れた後になるのか。
まーそれでもいいや。
とにかくフィステーラも歩くつもりで巡礼を始めてるのは事実。
きっとフィステーラに何かあるんじゃないのかな!?
こんなに行きたいんだからさー。

夜は私達とBDさんと巡礼者が集まるレストランでディナー。
BDさんが私のカミーノへの目的、きっかけ、終えてからの感想をインタビューした。
私は今の気持ちはもう巡礼なんてしたくない気持ちでいっぱいだけど、
もしかしたら何かのきっかけで来ることになるかもしれない、と答えた。

LINEで送る