【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼0日目
@サン・ジャン

巡礼0日目
フランスSaint-Jean-Pied-de-Port(サン・ジャン・ピエ・ド・ポー)
遂にフランス人の道の起点となる村に着いた。
今回の巡礼のスタート地点到着の前に、モロッコからジブラルタル海峡を渡り、
スペインを北上して来てやっとフランスに着いたのでここまでも長く感じた。
(ただしここまでは交通機関を使ってるわけだから、これから歩く道とは比べものにならない・・・)
でもここまでの旅の間、巡礼では使わなそうな物を見極めて荷物を軽くしたり、
体にバックパックを慣らすことができたから、準備期間としてはよかったと思う。
もともと私はスペインのアンダルシア地方の少し切なげな雰囲気が好きだった。
だからスペイン旅でのほとんどはアンダルシアを周る事が多く、マドリードから南の地域にしか足を延ばしていない。

サンジャン アルベルゲからの眺め

サンジャン アルベルゲからの眺め

今回は初めての北スペインでの滞在。
北部スペインを知りたいというのも今回の目的の一つでもある。
同じ国でも北上すればする程に木々の緑が美しく濃くなっていく感じや、
空が真っ青なところから淡い水色になっていく移り変わりを感じることができた事は印象的だった。
こんなところに線を繋いで旅する面白さはあるかなと思う。

サン・ジャンは出発には相応しい可愛らしくて、優しい雰囲気の村。
でも避暑地といった場所だからか、食料などの物価の高さが気になる。
とにかく明日必要な水と、夕食だけ買って明日のピレネー越えに備える。
今日のアルベルゲ(巡礼路上での宿の事)は8ユーロで朝食が着いていたからよかった~。
アルベルゲはどんなものかと思っていたけど、ホステルといった感じでそれほど抵抗もない。
今日から寝袋で寝る生活が始まる。
ここにいるほとんどの人が巡礼者だ。この村の中で出会う人との会話はすぐにEl caminoの話題になる。
それにしてもこんなに可愛らしい村だけど、村の後ろには高い山が聳え立っている。
あれがピレネー山脈なのか!?
ゆきーたとまさかアレを越えなければならないのかな・・?と二人で不安を語った。
もう今更何を言っているんだか。ここまで来たんだから。
さぁ、明日はスタートだ。

LINEで送る