アストルガ大聖堂の前を通って街を離れる

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼29日目
@ラバナル・デル・カミーノ

2014/06/12  ロミロミ

巡礼29日目

Rabanal del camino (ラバナル・デル・カミーノ)

今日の出発は八時半を過ぎてしまった。朝の準備やら手間取ってしまって。
(実際には携帯電話をアルベルゲに置き忘れたと思って、しばらく歩いたところでまたアルベルゲに戻ったわけ)

アストルガ大聖堂の前を通って街を離れる

アストルガ大聖堂の前を通って街を離れる

そんなことをしていたら、日本人の青年巡礼者に会った。
彼はスペイン語が話せないようだけど、マドリード出身のスペイン人二人と行動している。
ほとんど会話はジェスチャーの様子。
しかも昨夜はアルベルゲが満室でどこにも入ることができず、隣の公園でスペイン人と一緒に野宿をしたらしい。
おかげで風邪をひいたみたい。
勇気があるなぁーと思う。
それでも彼は少しずつスペイン語も覚えているようだ。

私は今日は韓国人のBDさん64歳と一緒に道を歩いた。
韓国人の名前は難しいから通称。
Big Daddyってことらしいけど、ビョンドゥーさん。

お隣の国だけど私は韓国語はまったくわからないし、会話は英語で。
アジア人同士で英語ってのもなんか違和感があり、しかも見た目は似たようなもんだから、
道ですれ違う人々からは、なんで英語で会話をしているの?という目でみられる。

だけど韓国人の意識レベルの高さには感心している。
この道で会った韓国人は英語は出来るし、日本語の単語も知っている人がほとんど。
たまたまなのかもしれないけど、確実に日本人よりも意識が高い感じ。

私は韓国に行ったことがないと言えども、隣の国のことを知らなすぎだ。
これからは少しずつでもハングルも知りたいなー。

そして、なんと今日はワールドカップのオープニング試合の日だ。
ブラジル対クロアチア。しかしカミーノはそんなことも関係ない。
特に公営アルベルゲではテレビなどがない。
サッカー大国スペインを感じる雰囲気など全くナシで、きっとよっぽど日本の方が盛り上がってる。
アルベルゲは通常は夜10時には閉門、消灯となる。
今夜は深夜からの試合だからとても観れそうにない・・・。

だけど、道の途中で知り合ったドイツ人Davidがバルに繰り出して観に行こう!と提案してきた。
そうだそうだ!ヨーロッパ人なんだから観たいに決まってる!

まずはテレビのあるバルを探して、そして宿のオスピタレロにお願いして門の鍵を手にした。
それから、Davidと韓国人トニーと、バルで飲んで試合観戦!
これぞスペインじゃないか!いや、でもここはカミーノ。イメージするスペインとは違うんだな。
次の日の朝を気にしつつも、カミーノで初めての夜更かしをした。

試合が終わってアルベルゲへ戻るとき、空を見上げると明るく輝く大きな綺麗な月。
小さな村だから、それが明かりのようなものだった。
そうか、ずっと夜に外に出てなかったんだな・・。

ガウディの手掛けたアストルガ司教館

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼28日目
@アストルガ

2014/06/11 ロミロミ

巡礼28日目

Astorga(アストルガ)

久しぶりに長距離。そして上り坂もある。このところ天気は安定していて良い天気。
でも歩いているとすごく暑くなってくる。

ガウディの手掛けたアストルガ司教館

ガウディの手掛けたアストルガ司教館

やっとアストルガの街の手前の丘に辿り着いて、街を見渡した時の喜び。
アストルガの景色はとても美しくて幸せな気分になった。
後ろに見えている山々は少し雪が覆っていて、
街の建物は赤茶色のレンガで統一されている。とても景色がいい。

そして到着した公営アルベルゲには、なんと日本人オスピタレロがいた。
カミーノで初めて日本人オスピタレロに会った。

私はチェックインをしてから、是非オスピタレロについて聞いてみたいと思った。
podcastをやっていることもあって、それを伝えると快く収録に応じてくれた。
実はpodcastをやることは私には初めは抵抗があった。
でもこうやって色んな人のお話が聞けて、それを今後も伝えていけるかと思うとやっていてよかったなと思える。

オスピタレロの岡本さんは何度か巡礼路を歩いていて、それも色んな道を歩いている。
今回も歩いてアストルガまで来ていて、その途中でオスピタレロとしての活動をしている。
私にとってはサンチャゴまでの道ですら、大変な道のりだけど、なんと彼はスイスのジュネーブから歩いてきたそうだ。
色んな人がいるもんだなぁ~!!
とりあえず私にはまだ見ぬ世界だ。

レオンにあるガウディ建築ボティネス邸

【巡礼日記 by ゆきーた】
巡礼26日目
@レオン

2014/06/09 ゆきーた

巡礼26日目(休息日)

León

アルベルゲのオスピタレロに注意されるまで食堂でゆっくり過ごし、皆で街のバルへ。
次に泊まるアルベルゲが開く時間までのんびりバルで過ごす。
今日のアルベルゲは€10。

レオンにあるガウディ建築ボティネス邸

レオンにあるガウディ建築ボティネス邸

ちょっと高めだけど4人部屋でトイレとシャワー付き。
うえちゃんの部屋は€20の個室でバスタブとトイレ付き!ステキ!
チェックイン後はロミーと二人でショッピング。
スポーツ用品店でサングラスを買い、その後ランチへ。高いけど美味しい。
じゃがいものアリオリあえ、エビのアヒージョ、サラダ。
どれもこれもおいしい。
店も満員で活気に満ち溢れている。都会!胸が躍る。

ランチ後はコルテイングレスへ。
久々のデパート。
どれもこれも素敵に見える。
あーこれが巡礼じゃなければ、あのバックもこの帽子も買ってるのにな〜。
最後に大好きな食料品売り場へ。
田舎のスーパーとは違う品揃え。
どれもこれも美味しそう。
食品売り場でウインドーショッピング。
これが楽しい。
そのうち巡礼中というよりただの旅行中に思えてくる。

その後うえちゃんを誘ってヨーグルトアイスを食べにいく。
うえちゃん「おいしい〜幸せ〜最高!」って。
うえちゃんも休息日を楽しんでいる。
最近ストレスでもんもんとしていたけど、昨日のランチから今までずっと楽しんでなんだかスッキリした。
やっぱり休息日って必要だね!

麦畑の風景が毎日続く

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼22日目
@サアグーン

2014/06/05 ロミロミ

巡礼22日目

Sahagun(サアグーン)

今日は歩いている途中で日本人男性二人と出会う。
二人とも60代だ。
本当によく60代の人とはこの道で出会う。
日本人は長い休みを取れないし、退職してからでないと巡礼旅のようなことはなかなかできないのだろう。

麦畑の風景が毎日続く

麦畑の風景が毎日続く

夕食はスーパーに買い出し、みんなで自炊。スペインではスイカも安い。
スイカのデザート付きでもみんなで割り勘すれば一人2ユーロ程度。
せっかく仲良くなれたけど、彼らの航空券もそんなに余裕はない。
私達はとても余裕のある日程で来ている。
それどころか私は帰りの航空券を持ってないから、日程調整はいくらでもできる。
このところは誰かと会っても、数日も経たないうちにどんどんみんな過ぎ去って行ってしまう感じだ。
毎回毎回お別れで、さみしいな。
別に自分のペースで進んでいけばいいのだけど、
「どうせみんな先に行ってしまうんだから、また離れていくことになるんだ。」
という気持ちがあって、知り合った相手の事を深く関わろうとしなくなっているかもしれない。
私達は明日は15㎞しか歩かない。
その男性たちは31㎞程歩くそうだ。

途中で動物達が道を楽しませてくれる

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼21日目
@カルサディージャデラクエサ

2014/06/04 ロミロミ

巡礼21日目

Calzadizza de la Cueza(カルサディージャデラクエサ)

どうも昨日からのどが痛い。薬局でドロップを買ってなめてはいるけど・・。
最近は旅行に行く度に風邪をひいてしまう事が多い。

途中で動物達が道を楽しませてくれる

途中で動物達が道を楽しませてくれる

それでも今日はずっと平坦な道。
アップダウンが少ない、とにかく一本道。
初めの頃は広い一面の麦畑にも感動していたけれど、それもずっと続くと単調になってくる。
そういったわけでまたイヤホンを装着して色々聞いていた。
夕食は久しぶりに巡礼者メニューを食べることになった。
本当はタパスなどを頼んで普通の食事がよかったけど。
巡礼者メニューはたいてい10ユーロくらいするしそれほど美味しくない。
巡礼者なのに一食に10ユーロもかけるのはちょっと高いかなおと思う。
もちろんワインボトルも含むから、その点では安いのだけれど。
今日は一人で食べに行ったから、そこにいたドイツ人グループが一緒に食を共にしてくれた。
こんな小さな村だからお客のほとんどが巡礼者だ、すぐに打ち解けられる。
アジアに興味のある人で一生懸命に片言の日本語で話しかけてくれた。
映画のラストサムライのこと、武士道の事。
日韓関係のことも気にして聞いてきた。
みんな色んな事を知ろうとしていてすごいなと思う。

ミサに参列してカミーノでの無事を願う

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼20日目
@カリオンデロスコンデス

2014/06/03 ロミロミ

巡礼20日目(休息日)
Carrion de los Condes(カリオンデロスコンデス)

今日は歩かない日。今まで毎日毎日歩き続けてきたけど、やっと休める。
基本的に同じアルベルゲには連泊できないので、同じ街だけど違うアルベルゲに移動した。
続きを読む

アルベルゲでくつろぐ巡礼者達

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼19日目
@カリオンデロスコンデス

2014/06/02 ロミロミ

巡礼19日目
Carrion de los Condes(カリオンデロスコンデス)

今日は25㎞以上の行程。
カメさんと歩いている時は長い距離も歩いていたけど、最近は短かったからやっぱり身体に堪えた。足首が痛い。
今日はしっかりと晴れ。
続きを読む

厳しいアルベルゲ

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼16日目
@ラベデラスカルサダス

2014/05/30 ロミロミ

巡礼16日目
Rabe de las Calzadas(ラベデラスカルサダス)

今日の道程は短めの10㎞ちょっと。
マサナオさんの調子がいまひとつだったから。
それでも前に進んでいるのはすごい。
若い人なんかは一日に30㎞くらい歩いては大きな街で2泊することも多いようだ。
今日の宿は大変だ・・・。
定員がたった8名で家庭的かと思いきや、オスピタレラのフランス人女の言動には理解に苦しむ。
まず初めに色んな説明をしてきて、かなりスピリチュアルな事を言ってきた。
続きを読む

ブルゴス大聖堂。楽しみにしていた久しぶりの都会。

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼15日目
@ブルゴス

2014/05/29 ロミロミ

巡礼15日目
Brugos(ブルゴス)

久しぶりの都会。
到着前から、あれもしたいこれもしたい!とゆきーたに話していた。
それに田舎では物も揃わないから必要物品を買いたかった。
なのでブルゴスに到着するなりすぐにベッドに荷物を広げ、街に繰り出そうとした。
続きを読む

雨の中を歩く

【巡礼日記 by ロミロミ】
巡礼14日目
@アタプエルカ

2014/05/28 ロミロミ

巡礼14日目
Atapuerca(アタプエルカ)

朝から雨のスタート。このところずっと曇り空だったのでレインウエアを着用して歩いていた。
それでも雨に至らなかったり、途中で晴れてきたりとなんとかなっていた。
でも今日の雲を見る感じではそんな様子はない。
それに加えて今日の道程は12㎞の間、休憩するところもなく、一気に歩ききらなければいけない。
「Oca(オカ)の山越えだ」
続きを読む