第045回 Session 12
「C:That was sweet of you:定期券の買い方、A:Readingの続き、B:haveとgetを使った表現」

C-side(Communication)は、14分ごろから

A-side(Academic Skill)は、32分ごろから

B-side(Best score program)は、55分ごろから

 

・オープニング

・ノブオ、結婚式の二次会に出る。

・緑好きのユッスー、アイルランド人の祝日について。

 

・Session 12 C-side

今回はユッスーの考えた台本から。

Pierre: Hello, Nobby! How you doing?

Nobuo: Not much, and you?

P: Couldn’t be better!

N: Wow, have you got a girl friend or what?

P: Not yet, but I’ve joined student union of IU, and I could make many friends!!

N: Really? I thought that’s a group of geeks. Are you really into it?

P: Hahaha..I thought so too, but, truth is, I feel pretty good about it.

N: What kind of activity are you enjoying there?

P: Activity? That’s not my point. The point is, the share of female members in the union is more than 70%, and French guy like me is very popular!

N: Good for you, that’s it?

P: As a matter of fact, that’s all what I want to say.

N: That was sweet of you to share the great story, thank you!

P: You’re welcome. Au revoir.

 

続いて、ノブオさんの台本。

(Nobuo) Hi, I would like to buy a season ticket from today for one month.
(Station staff) Season ticket? Do you mean a commutation ticket?
(Nobuo) Oh, yes it is. Can I buy it here?
(Station staff) You can buy one week commutation ticket at the longest,
and you need to make a ID-card beforehand.
This card is called “Photocard”. and you’ve gotta attach your ID photo right here.

Everytime you buy a commutation ticket, you show the “Photocard”.
Could you get what I said?
(Nobuo) So,first, should I bring a picture of my face?
(Station staff) Exactly, you ought to do it.
(Nobuo) OK, I will take a photograph and come back later.
(Station staff) You can go that way and find a photo-shop on the corner.

(Nobuo) Thanks, then, see you later.

(Station staff) See you soon.
重要表現:
at the longest「長くても」
have got to V = have to V 「Vしなくてはならない」
everytime SV「SがVする時はいつでも」
Could you get what I said?「私が言った事が分かりましたか?」
S ought to V = S should V 「SがVするべき」

 

・Session 12 A-side

質問の後半は時間のカットしております。
こちらの台本を御確認下さいm(–)m
先週に引き続き、Readingについて質問します。
今週は後半の質問7~質問12までを紹介します。
今回も、それぞれの質問に「はい」「いいえ」だけでなく、
「常に」「時々」「全くない」等と回答して、
ご自分のReadingについて振り返ってみて下さい。

質問7. 読むのが遅すぎる気がする。

アドバイス7:もしこの問題の原因が集中力だとしたら、アドバイス1, 2を見て下さい。

集中力の問題で無いとすると、なぜ読むのが遅いのか確認する必要があります。
・おそらく文書全てを同じスピードで読んでいると思います。
理解する為にゆっくり丁寧に読む必要のある文書もあります。
しかし重要でない・簡単な文書を読む時はいつでも、できる限りの速さで全体をザッと読むと言う訓練をすると読むスピードが上がります。
・読んでいる通りに口で発音していませんか?これは学校で「音読」をさせられて来た結果です。しかし私たちは話し言葉よりも早く読まなくてはなりません。
もし発音しているかも知れないと思ったら、読んでいる時に指を唇に当ててみて下さい。
これによって発音をしてしまうのを防ぐ事ができます。
・分からない単語が多くて読むのが遅いですか?もしそうだとしたらボキャブラリーを増やして下さい。辞書を使って調べて、それを単語カードに転記して下さい。もし次の時にその単語に出くわしたら、調べる前に思い出すように努めて下さい。
・単語一つ一つを追って読んでいませんか?そうでは無く、単語のグループ(thought-unit)を目で追っていくようにして下さい。
(例)What kind of - subject – do you – major in – ?
・後戻りするのを止めて下さい。前に進む事を心掛けて、読み進めるのに本当に不可欠な情報を参照せざるを得ない状況を除いて後戻りはしないで下さい。
質問8. 慎重に読んで、そして何を読んだか覚えている。だけど読み切る時間が無い。
アドバイス8:読むのが遅いのと、タイムマネージメントの貧弱さが原因です。
アドバイス4と7を参照して下さい。適切なヒントがあると思います。
少なくとも今読んでいる文書を楽しんで下さい。そして読む事の時間を作る事、速く読む事に努めて下さい。
質問9. 慎重に読んで、興味を持っている。しかし読んだ物の内容がいまいち分からない。
アドバイス9:その文書は難しすぎないですか?もし自分で選んだ文書だったら、再度読むべきか考え直すべきです。もし読まなくてはならない文書だったら、ただ単にそれに闇雲に労力をつぎ込むべきではありません。クラスメートや講師に聞きましょう。全部読んでもほとんど何も頭に残らないでしょう。時間を無駄にするべきではありません。
SQ3Rと言うものがあります。次回説明致します。きっと役に立つと思います。
もしボキャブラリーが少ないと思ったら、アドバイス7を見て下さい。
質問10. 何が重要で、何が重要で無いか区別がつかない。
アドバイス10:SQ3Rを適用してみて下さい。次回説明致します。
質問11. ノートを見返した時、高い頻度でそのノートが全然何の意味を持っているのか理解できない。
アドバイス11:ノートテイキングに問題があります。
ノートを見返していますか?もし半年前に書いたノートで、それを半年間見直していなかったとしたら、それは既にあまり意味をなしません。常日頃から見直しておく事が重要になります。これもSQ3Rを適用してみて下さい。
質問12. 早く読むが、読み終えた時にあまり覚えていない。
アドバイス12:あなたはゆっくり読んで下さい!3つ忘れるよりは一つの理解できるものを読むようにすることの方が賢明です。
集中力を高めて下さい。アドバイス1, 2を見て下さい。
これもSQ3Rを適用してみて下さい。

 

・Session 12 B-side

今回はhaveとgetを使った、

表現をたくさん紹介しました!!

参考になればこれ幸い☆

 

・英語de名言

Do not pray for an easy life, pray for the strength to endure a difficult one.

 

To hell with circumstances; I create opportunities.

 

Be happy, but never satisfied.

―Bruce Lee

 

・エンディング&メール紹介

キヨピさん、シナモンシュガーさん、皆様ありがとうございます!!

ご質問、ご感想やご要望は、
gogakunohito@live.jp
までお願いしますm(–)m

第044回 Session 11
「C:これ日本語でなんていうの?バレンタイン、A:Reading、B:冠詞」

C-side(Communication)は、13分ごろから

A-side(Academic Skill)は、26分ごろから

B-side(Best score program)は、45分ごろから

 

・オープニング

・バックパッカイとバレンタイン

・ノブオ、中高生向けに講演する。

 

・Session 11 C-side

Pierre: By the way, how do you say “Good morning” in Japanese?
Nobuo: Oh, are you studying Japanese?
P: No, but I’m interested in Japanese greetings!
N: Thank you. I’m glad! We say “Ohayo” in Japanese.
P: Ohhayo?
N: No, Ohayo.
P: Ohayo?
N: Yes!
P: So, how can I say “My name is Pierre” in Japanese?
N: Watashi no Namae wa Pierre desu.
P: Watassu no NAMAe wa Pierre DEsu.
N: Almost OK!
P: How about “Nice to meet you”?
N: Kon-nichi-wa.
P: KoNNIchiWA!
N: Good!
P: OK, thank you! KoNNIchiWa, Nobuo. Watassu no NAMAe wa Pierre DEsu!
N: Not perfect yet, but we should practice together and yours will be great!

 

Anna: Hey Nobuo! Happy Valentines’ Day!

Nobuo: Hello, Anna! Oh yeah, it’s Feb.14th! Happy Valentines’ Day!

A: I got a chocolate for you!

N: Wow! I don’t know what to say!

A: I’ve heard Japanese love Soy sauce, so I made soy sauce chocolate.

N: Oh…I don’t know what to say…

A: Have a bite! (Nobuo “yuck…”)What do you say?

N: I don’t know!

A: Anyway, I gotta go finding Youssou to present this fish chocolate!

N: (Ew…) I think he’s gonna like it!! Good luck for him!!

A: Chao chao~

 

N: She is extraordinary…and I think I need to warn Youssou in advance.

PuRRR…

Youssou:Hello?

N: Hello, Youssou. It’s Nobuo. What are you doing now?

Y: Nothing special. I’m reading book at the Starbucks.

N: Sounds good! But you should be careful.

Y: What?

N: You know Anna, our class mate. She’s gonna bring fish chocolate for you!

Y: Sounds yummy!! I can’t wait! Should I call her?

N: I don’t know what to say…Have a good Valentines’ day!!

Y: Wait!! Why don’t you come over to taste the chocolate with me?

N: I wish I could, but I don’t want.

 

・Session 11 A-side

Readingについて質問します。
いくつかは心当たりあるものがあるのではないですか?
これから12個の質問をしますので、一つ一つ考えて答えてみて下さい。
「はい」「いいえ」だけでなく、「常に」「時々」「全くない」等と回答すると、
より振り返るのに役立ちます。
このノートはノブオが大学院入学プログラムで配られた題材を日本語訳したものです)今回は質問1~質問6まで紹介します。質問1. 読んでいる時に起きていられない。アドバイス1:多分、疲れているのではないですか!?
休憩を取って、散歩して、リラックスする、風呂に入ったりやシャワーを浴びて下さい。
机で仮眠を取るか、布団で寝て下さい。
もしかしたらReadingをするのに最適な場所や態勢になっていないのではないですか?
部屋が暖かすぎたり風通しが悪かったりしませんか?ベッドやソファーに寝そべっていませんか?
移動するべきです!もしかしたら、その本は興味のないものですか?簡単すぎたり、難しすぎたり、読みたいものと関連なさそうなものですか?なぜそれを読んでるんですか?もしそれをどうしても読まなければならない事情があり、
上で述べた対策をしてもまだ起きていられないなら、次の2以降のアドバイスで役立つものがあるかも知れません。質問2. 読んでいる時に集中できない。

アドバイス2. アドバイス1.のヒントを考えてみて下さい。全てこの質問2に当てはめられます。
何か他の事が頭の中にありますか?何か問題事について悩んでいますか?
心の中の問題事について、全く気にせず集中できる人などいません。
問題事を解決する為に何かをしましょう。少なくともそれが何かと言う事を確認し、解決の為の一歩を始めましょう。
何か他にやらなければならない事がありますか?席に着く前にそれを片付けましょう。
もしくはメモをしておき、ある所までReadingが終わったらそれを片付けると言う事を確認しておきましょう。
そしてReading最中はそれを忘れましょう。
窓の外の雑音が気になりますか?もしテレビやラジオの音が気になるのであれば、それを切って下さい。
もしくは他のところに移動しましょう。
同様に、気を散らせるうるさい大人や子供の場所からは移動しましょう。

質問3. ある場所でしか読む事ができない。
アドバイス3. 本当ですか?言い訳にしていませんか?他の場所で読んだ事はありますか?
もしそうでなければ、今週試してみて下さい。
もし他の場所でReadingをする事が難しいと思ったならば、次の(a) (b)の事をしてみて下さい。
(a) Readingをする事ができる場所は何が特別なのか考える
(b) 何が他の場所でReadingをする際に問題となっているのかを考える
そして、適切な場所でReadingの為に可能な限り時間を取れる時間帯を作る事を計画して下さい。
また、不快な環境を改善できるように努めて下さい(もしお隣さんのステレオがうるさければ耳栓を買う、等)
もしある場所が、複雑な文献を読んでノートを取るには不適切な場所であっても、講義のノートを見直す事や実際にテキストをReadingする前にサッと読む(Skimming)する場所としては全く問題無い場所である、と言う事も覚えておいて下さい。

質問4. 読まなければいけないReadingをする時間を見つけられない
アドバイス4. 本当ですか?時間を作る事を試みましたか?無駄な時間を過ごしているかも知れない活動について一週間記録を取りましたか?もししていなければ、今やって下さい!個人の勉強時間の時間割を作りましたか?もししていなければ、作ってみて下さい。これらを一生懸命試しても、もしReadingの為の時間を見つけられないなら、しばらくの間Readingの時間の為に娯楽の時間を削るしかありません。友達か家族が家事や気を遣う仕事を代わりに引き受けて貰う事もできますか?
またReadingに関して現実的なアプローチを取っていますか?読む時間が無いと言う事は、恐らく今まで十分なくらい読んできたでありましょう。きっと文章の最初から最後まで。しかし、もっと選択的(selectively)に読む必要があり、文献ごとで違った読み方のアプローチをしていく必要があります。もしくはもっと素早く(quickly)読む必要があります。質問5以降に、この問題の解決のヒントがあります。
質問5. 何回も何回も同じ所を読んでしまう。
アドバイス5. アドバイス1と2を見て下さい。多分関係があると思います。
しかし、今読んでいる文章は難し過ぎるので、まずはサッと読む(Skimming)事をして、文章の内容を簡単に把握する必要があります。もし同じような内容の本を以前読んだ事があればその頃の本やノートを読み直したり、他のシンプルな文章の本を読むのも手です。
時に、何回も読み直している箇所は重要で無い箇所だったりします。判断をする事が大事です。まずはそこをスキップして、後から読み直すと言うのも可能では無いですか?
質問6. ページの最後まで読んだが何も覚えていない。
アドバイス6. これは本当に集中力の問題ですね?アドバイス1と2を見て下さい。もし文章から何も得られていないとすると、アドバイス5も関連します。恐らくこの文章は難しすぎるからです。
“なぜ”この文章を読まなくてはいけないか知っていますか?読む前にいくつかの疑問や質問を自ら考えてみましたか?目的や疑問・質問を持って読む事は集中するのに役立ちます。ノートを取っていますか?1つか2つの単語やフレーズだけでもページの中に書いておくだけで、一体何を読んだか覚えておくのに非常に役立ちます。

 

・Session 11 B-side

今回は冠詞を取り上げました。

苦手な人多いですよね。僕らもです(^^;

少しでも整理できればいいのですが!!

 

・英語de名言

Some people care too much. I think it’s called love.

 

A little consideration, a little thought for others, makes all the difference.

―Alan Alexander Milne(くまのプーさんの原作者)

 

If you want to go fast, go alone. If you want to go far, go together.

―アフリカのことわざ

 

・エンディング&メール紹介

クロさん、皆様ありがとうございます!!

ご質問、ご感想やご要望は、
gogakunohito@live.jp
までお願いしますm(–)m