第042回 Session 10
「C:ちょっと食べに行こう!、A:Presentation(Q&A)、B:名詞」

C-side(Communication)は、15分ごろから

A-side(Academic Skill)は、26分ごろから

B-side(Best score program)は、39分ごろから

 

・オープニング

・一か月ぶりの収録です。

・ノブオ、TOEICを受ける。

・ユッスー、「風に立つライオン」の歌詞に思うこといろいろ。

ユッスーがアフリカで書いた詩でございます。(タイトルをクリックで、ユッスーの詩ブログに飛びます)

『極西のパラダイム』 http://ameblo.jp/youssou-poet/entry-11683845064.html

『セネガルが好き』  http://ameblo.jp/youssou-poet/entry-11683801346.html

 

<皆さんの海外エピソードメールや、語学学習奮闘メールも大募集しております!!>

 

・Session 10 C-side

Pierre (P): Hey! Nobby! Do you have the time?

 

Nobuo (N): Hi, Pierre. It’s quarter to eleven.

 

P: Thanks, then, do you have time?

 

N: I think so.

 

P: Well, let’s grab a bite at the food court.

 

N: Sounds good, but I feel like having lunch at Dragon Express today. How about it?

 

P: No problem. Let’s go. I’m starving.

 

At the Dragon Express.

 

N: Can I have a menu?  Thanks!

 

P: Um…I know nothing about Chinese food. Do you have any recommendations for me?

 

N: Mongolian pork or Shrimp Lo Mein in soup is very good.

 

P: Okay, I’m gonna go with Shrimp Lo Mein is soup.

 

N: I’ll have Mongolian pork and Jasmin tea.

 

P: Thé au Jasmin would be nice!

 

・Session 10 A-side

今回もノブオ先生のノートを拝借してきました(^^

プレゼンテーションの最後には大抵Q&Aを行います。

実は質問と言うのは4つに分けられます。
これらの質問に対して、実際に回答する前に一つコメントを加えると良いでしょう。
その事によって回答を考える時間が若干できるからです。
そしてQ&Aコーナーで自信を持って答える事が出来、Q&Aコーナーを自分でコントロールする事が出来ます。

1. Good questions(良い質問)
聞いてくれた事に対して質問者に感謝を述べましょう。
伝えたかった事をさらに他の聞き手にも、より伝える事を手助けしてくれるからです。

(コメント例)
- Good point.
- Interesting. What do you think?
- I’m glad you asked that.
- That’s a very good question.

2. Difficult questions(難しい質問)
これらは答える事の出来ない、もしくは答えたくない質問になります。
分からない(I don’t know) と答え、質問者はどう思うのか逆に聞いてみるのも良いでしょう。

(コメント例)
- Sorry, I don’t follow you.
- I don’t know that off the top of my head.
- Can I get back to you on that?
- I’m afraid I’m not in a position to comment on that.(これはIrrelevant questionに対する答えとも言えます)
- I wish I knew.
- I ‘m afraid I don’t have that information with me.

3. Unnecessary questions(不要な質問)
質問については既に情報を与えています。
そこを簡単に再度説明し、次の質問に移って下さい。

(コメント例)
- I think I answered earlier.
- Well, as I said…
- Well, as I mentioned earlier, …

4. Irrelevant questions(無関係な質問)
無礼にならないように気を付けて応答し、次の質問に移りましょう。

(コメント例)
- I’m afraid I don’t see the connection.
- I’m afraid I’m not in a position to comment on that.(これはDifficult questionに対する答えとも言えます)
- To be honest, I think that raises a difficult issue.

 

・Session 10 B-side

名詞をもう一度しっかり取り上げます!!

英語では、名詞が「数えられる名詞(可算名詞)」なのか、

「数えられない名詞(不可算名詞)」なのかを、ちゃんと区別することが重要です☆

 

数えられる名詞には、

「普通名詞」と「集合名詞」があります。

 

数えられない名詞には、

「抽象名詞」、「物質名詞」、「固有名詞」があります。

 

数えられない名詞は、大抵は数える必要が無いんですが、

数えるときは、それぞれに合った単位で、数えます。

a piece of paper

a sheet of paper

two cups of coffee

three  liters of milk

 

・英語de名言

If I have seen further it is by standing on the shoulders of Giants.

―Isaac Newton

 

・エンディング&メール紹介

ひろぽっぽさん、Yukaさん、テンパさん、皆様ありがとうございます!!

ご質問、ご感想やご要望は、
gogakunohito@live.jp
までお願いしますm(–)m

 

第040回 Session 9
「A:Presentation(まとめ)、B:英語上達法のインタビュー、C:図書館にて」

A-side(Academic Skill)は、17分ごろから

B-side(Best score program)は、29分ごろから

C-side(Communication)は、44分ごろから

・オープニング

・Best of 2013 Podcastの「新しいリリース部門」に選ばれました!

・イギリスの春は歓喜の季節

・ユッスーの駄話

 

<皆さんの海外エピソードメールを大募集いたします!!>

 

・Session 9 A-side

今回もノブオ先生のノートを拝借してきました(^^

EFFECTIVE SUMMARIES AND CONCLUSION
(効果的な要約と結論)

プレゼンの中での重要ポイントは、焦点がハッキリとしている事と簡潔である事でした。
なぜだか覚えていますか?

人間は情報を非常に早く忘れます。平均の人間の集中力はとても短く、多くの事を考えるのはとても忙しくて、なかなか集中力がもたないものです。
結果として私たちは物事をとてもすぐに忘れがちです、特に話して伝えられたものに関しては。
プレゼンは口頭による情報が多いので、これはプレゼンを行う人にとっては大きな問題です。

聞き手にあなたの話したキーポイントを思い出して貰う一つの方法は、キーポイントを再度話す(REPEAT)事です。一般的なプレゼンのルールは次のように言えます。
“First you tell them what you are going to tell them, then you tell them, and finally you tell them what you told them!”
今まで説明してきたものに置き換えますと次のように書けます。

OVERVIEW: First you tell them what you are going to tell them.
BODY: Then you tell them.
SUMMARY (CONCLUSION): Finally you tell them what you told them.

SummaryやConclusionを言い始める際のサインとして使えるフレーズは、
So, to sum up the main points of my presentation.
Now, I’d like to summarize the main points of my presentation.
In summary…..

第1回で紹介した電子辞書の例で言うと・・・
First, I went over the contents number of our new product we will be introucing this year.
We are ready for providing a brandnew electric dictionary that contains 50,000 words that you have never heard before.

Next, we discussed economic efficiency of the product.
It will be possible for you to reduce 60% of electricity consumption within a year.

Finally, I presented the size of the dictionary.
You will notice this by carrying and using the product outside.

In conclusion, I believe this “E-WORD” will help your English studying and make your future bright.

This is the end of my presentation.

Does anyone have any questions about my presentation?

 

・Session 9 B-side

今回は、ユッスーが英語上達の方法をインタビューしてきたことを話します。

お相手は、英会話学校の先生と、英会話に通っている主婦と、英語の先生を目指す中国人の御三方です。

インタビュー素材をそのまま流すわけではないのですが、少しでも参考になればこれ幸いですm(–)m

 

 

・Session 9 C-side

(Nobuo) Hi, may I ask?
(Staff) Sure, how can I help you?
(Nobuo) Uh, I would like to borrow a book, the title is “International Business”.
I searched for it on a library database, and it shows it is available.
But I couldn’t find on the shelf. Can you help me to find out?
(Staff) Well, just a second…(カタカタ(コンピューターで調べる))
Um, exactly.  It should be. OK, please wait here. I will try to find.

(見つけてきて)

(Staff) Here you are. This was placed on a wrong shelf. Sorry.
(Nobuo) Oh, thank you very much!
(Staff) My pleasure.

 

・英語de名言

What is a friend? A single soul dwelling in two bodies.

―Aristotle

 

・エンディング&メール紹介

Sanaeさん、はまポテトさん、明太子パンさん、皆様ありがとうございます!!

 

 

ご質問、ご感想やご要望は、
gogakunohito@live.jp
までお願いしますm(–)m

第039回 Session 8
「A:Presentation(視覚資料のコツ)、B:TOEIC-Part7対策、C:ピエールとの会話」

A-side(Academic Skill)は、19分ごろから

B-side(Best score program)は、36分ごろから

C-side(Communication)は、46分ごろから

・オープニング

・今回も収録は深夜です(^^;

・欧米人の普段着はオシャレじゃない?

・ユッスー、電車に乗ってサンフランシスコへ(12年前)

<皆さんの海外エピソードメールを大募集いたします!!> 

<英語上級者への道!を募集しています!!>

<英語上達の個人的な相談のメールもお待ちしております>

 

・Session 8 A-side

今回もノブオ先生のノートを拝借してきました(^^

6 STEPS TO USING VISUAL AIDS EFFECTIVELY

Bodyを進めていく時に様々なVisual Aid(視覚資料(グラフや表など))を使うと思います。
その効果的な紹介の仕方について6つ紹介致します。

1. DRAW attention to the topic of the next visual aid
(次のスライドの視覚資料のトピックについて、聞き手の注意を引きつける)
- Next, I’ll show you…
- To get a better understanding of what’s happening, let’s look at….
- To find out what’s going on with…, we need to examine…
- To explain what happened, we need to talk about…
- As the next slide/graph will show, the situation for… is very different.

2. INTRODUCE the visual aid
(視覚資料に見出しを付けて紹介します。見出しは短くシンプルな名前の方が聞き手の記憶に残ります)
例:Annual Sales in 2012
- This graph here shows…
- The chart here describes…
- This table here illustrates…
- The pie chart here compares…

3. DESCRIBE the visual aid
(聞き手が、今何を見ているのか分かるように視覚資料を描写しましょう)
- Here you can see…
- As you can see here…
- The blue line shows…
- The horizontal axis shows…

4. POINT OUT the key points
(キーポイントを指摘しましょう。それによって聞き手はなぜ今その視覚資料を見せられているか理解できます)
- What’s important here is…
- What I’d like you to notice is…
- What I’d like to point out here is…
- There are a couple of things I’d like to point out. First of all,…
- The reason I’m showing you this is to point out…

5. GIVE REASONS. Explain why this is important.
なぜそのスライドの情報が重要と考えているのか聞き手に説明しましょう)
- The reasons for this are….
- One explanation for this is…
- This might be due to…
- Some of the reasons for this includes…

6. SUMMARIZE the most important information
(何がそのスライドの中で最も重要な情報なのか要約しましょう)
- What I’d like you to remember from this slide is…
- What I’d like you to take away from this is…
- What’s important to remember here is…
- Basically, what this all means is…

※単に視覚資料を映すだけではダメですし、また聞き手が正しくそのデータを理解できたり解釈できると期待してはいけません。情報を通して聞き手を案内して、そしてキーポイントを強調するのは話し手の責任です。そのように進めていきながら、それぞれのスライドについて聞き手が付いて来て、かつ聞き手自身のスピードで内容を理解できるようにしなければならないと言う事を忘れてはいけません。聞き手がちゃんと視覚資料を理解できているか確認するためにも聞き手を常に見ましょう。

 

 

・Session 8 B-side

今回は、TOEICのラストにして最大のポイント、Part-7です。

Part5-6を急いで解いて、時間を残してきた甲斐があります。

時間があれば、解ける問題です。

広告や受付用紙のような文章は理解しやすいので、必ず解きましょう!

Part5-6で時間を使ってしまっていても、

諦めることなく、①設問をざっと読む。②本文の中から答えを探し出す。

を、繰り返していきましょう!!

ここでの頑張りがスコアに大きく影響しますので(^^

 

 

・Session 8 C-side

Pierre: Hey! How are you? Nobby!

Nobuo: Hi! Pierre! I’m okay!

Pierre: Where are you going?

Nobuo: I’m going to Main Library.

Pierre: You are really diligent as everyone says.

Nobuo: as everyone says?

Pierre: Yeah, everyone says you are geek or something.

Come to think of it, can I ask something…

Nobuo: What?

Pierre: Um…No…I mean…please forget about it. I gotta go!

Nobuo: Wait! Now, I’m curious. Go ahead!! Once you start it, you should finish it.

Pierre: Okay, here is the thing.

Nobuo: Uh hun.

Pierre: Perhaps, are you gay?

Nobuo: What?

Pierre: I mean, somebody said that you have some kind of potential of gay.

Nobuo: No way! Cut it out! I’m straight!

Pierre: Oh that’s a relief. Of course, I don’t care if you are gay or not.

Nobuo: Could you shut up? I’m hurt.

Pierre: Hahaha..I’m sorry. Well, let me make it up to you. Huh?

Next Friday night, Pacers’ court side ticket with two girls, what do you say?

Nobuo: Um…I don’t think so, because I should catch up the class.

Pierre: Oh my gosh! No wonder people misunderstood about you.

Nobuo: Anyway, I’m not gay or geek, just Samurai.

 

≪注目フレーズ≫

I mean…

I gotta go.

Make it up to you

what do you say?

It is no wonder S V

 

・英語de名言

“Death is something inevitable.

When a man has done what he considers to be his duty to his people and his country, he can rest in peace.

I believe I have made that effort and that is, therefore, why I will sleep for the eternity.”

―Nelson Mandela

 

Resentment is like drinking poison and then hoping it will kill your enemies.

―Nelson Mandela

 

・エンディング&メール紹介

Yukaさん、まさちゃんさん、ありがとうございます!!

 

「ノブオさんの添削バージョン」

Dear teacher Youssou and teacher Nobuo,
My name is Yuka.
(←I’m ○○と言うのは、既に知り合い同士の人が改めて「自分だよ」と言う時に使う気がします。初めて会ったり、メールしたりする人にはMy name is ○○.と言うと自然かも?)
I listen to your program every week (もしくは、毎日聴いて下さっているのであればeveryday).
(←alwaysだと、四六時中(ご飯を食べている時もいつでも)聴いて下さっているような感じになってしまう(^^))
Thank you for your useful and funny talk.
(←名詞のtalkの方が良いかな?と思います)

By the way, I stayed in the Philippines for 1 month to study English.
(←I had been ~だと、「~に行った事がある」と言う意味になってしまうので、stayed in~「~に滞在した」が良いと思います)
When I was staying there(もしくはDuring my staying there), the strongest typhoon attacked some islands of this country.
(←someの後に続く言葉は複数形になります)
But there I could stay safe.
(原文、文型が乱れてしまったかも??(笑)「安全に過ごす事が”出来た”」と言う意味を込めて、couldを使うと良いと思います。この文型は、But(接続詞)+ there(副詞)+ I(主語)+ could(助動詞)+ stay(動詞(自動詞))+ safe(副詞)の第1文型になります)

I enjoyed the stay because of my Philippine teachers.
(←enjoy myselfと言うのは、一緒に遊んだりした人に別れ際に言うような言葉の気がします。だからenjoyed the stayで良いと思います!。また、「フィリピン人の」と言う場合はPhilippineと単数形になります)
I recommend that you visit there.
(←recommend to visitでも間違いでは無いですが、「あなたに」勧める、と言う意味でrecommend you to visitもしくは、recommend that you visitの方が良いと思います!)
My best regards,
(←初めてメールする人には、Myを付けるとより良いかも??)

 

「ユッスーの添削バージョン」

Dear Youssou and his friend. Sorry I forgot his name…

I’m Yuka.

I hope you are doing well.

I’m big fan of your podcast program.

Thank you for your useful and funny talking!

By the way, I had been to the Philippines for a month to study English.

And when I was there, the strongest typhoon attacked some islands of the country.

Fortunately, where I stayed was safe.

Anyway, thanks for my Philippine (Filipino) teacher, I had very good time.

If you have a chance, you should visit there!

Best regards, (Sincerely,)

Yuka

 

 

ご質問、ご感想やご要望は、
gogakunohito@live.jp
までお願いしますm(–)m

 

第038回 Session 7
「A:Presentation(効果的な発表にするポイント)、B:TOEIC-Part6対策、C:ジョブインタビュー」

A-side(Academic Skill)は、23分ごろから

B-side(Best score program)は、36分ごろから

C-side(Communication)は、44分ごろから

 

・オープニング

・イギリスの長距離バス事情

・ロシアが長い友人に聴いた話

・たびたびCaFéのロミロミさんが、ハロウィンについてメールを送って下さいました!!ありがとうございます☆

・サンクスギビングデーとターキー

 

・Session 7 A-side

今回もノブオ先生のノートを拝借してきました(^^

Overviewの目的はプレゼンの明確な構成について聞き手が付いて来れるように伝える事でした。

Bodyでは、ここで初めてOverviewのそれぞれのポイントについての事実や詳細、例を述べます。
これらの情報は、伝えたい目的をサポートするものにならなければなりません。このBodyはプレゼンの中で最も長くなり、最も情報量の多い複雑なパートです。
それゆえに聞き手にとって理解するのと着いていくのが最も難しいものになります。
Q. では、聞き手にとって理解しやすいプレゼンにするようにするには何ができるでしょうか?
A. 4つ挙げる事が出来ます。
1. Get to the point(核心をつく)
直接的な表現を使い、そしてメインポイントは何かと言うのを初めに述べることです。
そしてそれに続けて理由、説明、そして他の詳細を述べていきます。
2. Be concise(簡潔であること)
簡潔さと気取らない表現を用いるべきです。冗長な言い方、複雑な言い方、そして曖昧な言葉は避けましょう。
または短くシンプルな表現を維持するべきです。長い文章や難しい単語は使ってはいけません。
3. Use visual aids(資格資料を使う)
写真や絵は何千もの単語に匹敵します。グラフ、チャート、そして表は特に効果的です。
箇条書きのリストも聞き手がキーポイントを覚えておく助けになります。
4. Use translations
何かをする前に、これから何をするのかと言う事を聞き手に言いましょう。
もしプレゼンの中で次のポイント (next point) について話し始めたいとするならば、
それを話し始める “前に” 聞き手がその事について知るようにしましょう。
もしパワーポイントの新しいスライドを紹介したい場合、
まずその新しいスライドについての少しの情報を聞き手に話し、
“そしてその後” その新しいスライドを聞き手に見せましょう。

 

 

・Session 7 B-side

今回は、リーディングパートの曲者、Part6です。

4つの文章が出題され、それぞれ、3つの設問があります。

設問と言っても、その文章の中に、穴埋め問題があるんです☆

ですので、基本的にpart5を解く要領を使って回答できます!!

①まず、文章をざっと眺めて、どんな文章かな~とあたりを付けます。

②設問の選択肢を見て、品詞問題や前置詞問題なら、そこの場所だけ見て即答。

③接続詞問題、語彙問題、指示語・代名詞問題なら、前後の文脈で丁寧に回答。

そんな感じで、サクッと終えましょう。

時間を掛けてはいけませんよ!

 

 

・Session 7 C-side

(Chief) Thank you for coming today. My name is Miguel, a chief staff of the human resourse department.

Please sit down. Do you have your resume?
(Nobuo) Yes, here you are.
(Chief) OK, thank you. Please tell me your strong point first.

(Nobuo) Yes, firstly I study English at the Indiana University, and I’m fluently in both English and Japanese. Secondly, I worked as a telephone operator and focused on the company’s customer satisfaction. Finally, I’m familiar with computers and ICT.

So I believe I can contribute to your company’s benefit.

(Chief) Great. If you have once worked as a telephone operator, maybe you have already known how hard this work is.  Can you really do it?
(Nobuo) Of course. You don’t have to worry about it. When I worked as a telephone operator, it was also very hard, but I could enjoy talking to customers. I can do it.
(Chief) OK, the interview is over. I will let you know the result of this interview by the phone this evening.
(Nobuo) Thank you very much. I’m looking forward to a good result.

 

・英語de名言

There are no strangers on Christmas Eve.

 

Christmas gift suggestions:
To your enemy, forgiveness. To an opponent, tolerance.

To a friend, your heart. To a customer, service.

To all, charity. To every child, a good example. To yourself, respect.

Oren Arnold

 

・エンディング&メール紹介

まさちゃんさん、いつも本当にありがとうございます!!

 

ご質問、ご感想やご要望は、
gogakunohito@live.jp
までお願いしますm(–)m

第037回 Session 6
「A:Presentation(introduction)、B:TOEIC-Part5対策、C:友人宅を訪問」

 

A-side(Academic Skill)は、16分ごろから

B-side(Best score program)は、35分ごろから

C-side(Communication)は、52分ごろから

 

・オープニング

・ノブオ、イギリスで床屋に行く

・ユッスー、アメリカのピザの話

 

・Session 6 A-side

PresentationもAcademic Writingと同じで、
Introduction, Body, Conclusionの順で述べます。

以下はPresentationを行う時の実際の流れです。
カッコの中にはそれぞれの箇所で話される言葉の一番初めの言葉だけを書いております。

Introduction:
(Good morning everyone, thank you for coming today…..)

Body:
(Let me start with…..)

Conclusion:
(In summary, …..)

今回はIntrodutionを紹介します。
Introductionを行う時は通常2枚のパワーポイントのシートだけで述べます。
ホームページではパワーポイントを載せられないのでイメージだけで申し訳ありません)

シート①
———————————————-
|                             
|                             
|                New E-dicitionary
|                                                           
|                             
|                                   Nobuo Co., Ltd
———————————————-

Good morning everyone. Thank you for coming today.
My name is Nobuo from Nobuo Co., Ltd.
Today, I’d like to talk about our new product which will improve your English study life,
e-dictionary, “E-WORD”.

シート②
———————————————-
|       Overview                      
|                             
|       – Contents Number
|       - Efficiency                  
|       – Size                          
|                             
———————————————-

There are three main points which I’d like to talk about.
First, I’ll show you the number of contents included in the dictionary.
Next, I’d like to focus on the economic efficiency of the dictionary.
Finally, I will explain the size of this product.
By the end of this presentation, you will understand our new product’s advantage
and your benefit from this product.
Please feel free to ask me at the end of my presentation.
Let me begin with the first point, the number of contents…..

最後のLet me begein with…..の文章を述べる事で次に続くシート③にスムーズに入る事が出来ます。

 

 

・Session 6 B-side

 

いよいよ、みんな大好き(?)Part5です。

ここは10~20秒での回答を目指していきます。

約半分は文法力で解けます。

約半分は語彙力で解けます。

選択肢を見て、どういう問題なのかを素早く把握しましょう☆

 

・Session 6 C-side

Youssou: Hey! Welcome to my place, Nobuo!

Nobuo: Hey! How’re you doing?

Youssou: Great! and You are really on time!! How punctual Japanese are!

Nobuo: Yes, we are! But we are more like deli

Youssou: Okay then, I’m gonna treat you as a polite guest. Can I offer you some coffee or tea?

Nobuo: A coffee would be great, thank you.

Youssou: In a minute. Please feel free, take a chair, and watch some TV show.

Nobuo: Got it! Um…, would you mind if I use your bathroom?

Youssou: Yes I mind!

Nobuo: Oh really?

Youssou: Just kidding, sorry! Not at all! Go ahead right there.

Nobuo: You were kidding…anyway, thanks!

 

Youssou: Coffee is ready.

Nobuo: Smells nice!

Youssou: This coffee is from Senegal, called Café Touba. It’s different and a little bit spicy.

Nobuo: Wow, interesting! I like it!

Youssou: I’m glad to hear that. Well, next time, you are the one who will introduce Japanese tea.

Nobuo: Fair enough.

 

 

・エンディング&メール紹介

ウクレレさん、まさちゃんさん、sanaeさん、今年の冬さん、ありがとうございます!!

 

ご質問、ご感想やご要望は、
gogakunohito@live.jp
までお願いしますm(–)m