第038回 Session 7
「A:Presentation(効果的な発表にするポイント)、B:TOEIC-Part6対策、C:ジョブインタビュー」

A-side(Academic Skill)は、23分ごろから

B-side(Best score program)は、36分ごろから

C-side(Communication)は、44分ごろから

 

・オープニング

・イギリスの長距離バス事情

・ロシアが長い友人に聴いた話

・たびたびCaFéのロミロミさんが、ハロウィンについてメールを送って下さいました!!ありがとうございます☆

・サンクスギビングデーとターキー

 

・Session 7 A-side

今回もノブオ先生のノートを拝借してきました(^^

Overviewの目的はプレゼンの明確な構成について聞き手が付いて来れるように伝える事でした。

Bodyでは、ここで初めてOverviewのそれぞれのポイントについての事実や詳細、例を述べます。
これらの情報は、伝えたい目的をサポートするものにならなければなりません。このBodyはプレゼンの中で最も長くなり、最も情報量の多い複雑なパートです。
それゆえに聞き手にとって理解するのと着いていくのが最も難しいものになります。
Q. では、聞き手にとって理解しやすいプレゼンにするようにするには何ができるでしょうか?
A. 4つ挙げる事が出来ます。
1. Get to the point(核心をつく)
直接的な表現を使い、そしてメインポイントは何かと言うのを初めに述べることです。
そしてそれに続けて理由、説明、そして他の詳細を述べていきます。
2. Be concise(簡潔であること)
簡潔さと気取らない表現を用いるべきです。冗長な言い方、複雑な言い方、そして曖昧な言葉は避けましょう。
または短くシンプルな表現を維持するべきです。長い文章や難しい単語は使ってはいけません。
3. Use visual aids(資格資料を使う)
写真や絵は何千もの単語に匹敵します。グラフ、チャート、そして表は特に効果的です。
箇条書きのリストも聞き手がキーポイントを覚えておく助けになります。
4. Use translations
何かをする前に、これから何をするのかと言う事を聞き手に言いましょう。
もしプレゼンの中で次のポイント (next point) について話し始めたいとするならば、
それを話し始める “前に” 聞き手がその事について知るようにしましょう。
もしパワーポイントの新しいスライドを紹介したい場合、
まずその新しいスライドについての少しの情報を聞き手に話し、
“そしてその後” その新しいスライドを聞き手に見せましょう。

 

 

・Session 7 B-side

今回は、リーディングパートの曲者、Part6です。

4つの文章が出題され、それぞれ、3つの設問があります。

設問と言っても、その文章の中に、穴埋め問題があるんです☆

ですので、基本的にpart5を解く要領を使って回答できます!!

①まず、文章をざっと眺めて、どんな文章かな~とあたりを付けます。

②設問の選択肢を見て、品詞問題や前置詞問題なら、そこの場所だけ見て即答。

③接続詞問題、語彙問題、指示語・代名詞問題なら、前後の文脈で丁寧に回答。

そんな感じで、サクッと終えましょう。

時間を掛けてはいけませんよ!

 

 

・Session 7 C-side

(Chief) Thank you for coming today. My name is Miguel, a chief staff of the human resourse department.

Please sit down. Do you have your resume?
(Nobuo) Yes, here you are.
(Chief) OK, thank you. Please tell me your strong point first.

(Nobuo) Yes, firstly I study English at the Indiana University, and I’m fluently in both English and Japanese. Secondly, I worked as a telephone operator and focused on the company’s customer satisfaction. Finally, I’m familiar with computers and ICT.

So I believe I can contribute to your company’s benefit.

(Chief) Great. If you have once worked as a telephone operator, maybe you have already known how hard this work is.  Can you really do it?
(Nobuo) Of course. You don’t have to worry about it. When I worked as a telephone operator, it was also very hard, but I could enjoy talking to customers. I can do it.
(Chief) OK, the interview is over. I will let you know the result of this interview by the phone this evening.
(Nobuo) Thank you very much. I’m looking forward to a good result.

 

・英語de名言

There are no strangers on Christmas Eve.

 

Christmas gift suggestions:
To your enemy, forgiveness. To an opponent, tolerance.

To a friend, your heart. To a customer, service.

To all, charity. To every child, a good example. To yourself, respect.

Oren Arnold

 

・エンディング&メール紹介

まさちゃんさん、いつも本当にありがとうございます!!

 

ご質問、ご感想やご要望は、
gogakunohito@live.jp
までお願いしますm(–)m